ヌード エロティックアート制作過程

  反り返ってポーズする美術モデル

 

ヌード < イラスト 2次元アート >

  上の絵はイラスト的に平面的に描いてます。 写真のようでもあります。 イラストは一般的に頭の中のイメージで描きますが、この絵は美術モデルを目の前に見ながら描いてます。 また、モデルを前にしてもイラスト的な二次元のヌードを描くこともあります・・・ 女性ヌード エロティック・アート

        <スポンサーリンク>

 

 

寝ポーズを描くことは、他のポーズに比べて描くのが難しいです。 腰を上げてもらわないことにはヒップのラインはでません。 薄っすら肋骨が見てるように、骨と肉の違いも顕かとなります。 バストもかなり平べったくなります。 ダイエットされた細身の女性であれば、このようなポーズでは ”骨ばかり”ということにもなりかねません。 イラストとして描くにも難しいポーズです・イラストのようなヌード

ヌード < 制作過程・・・ >

 描き始めは、「モデルはモデル、自分は自分」という隔たりの中にあります。 再現的手段を深めていけば必然的に、モデル(対象)と自己との隔たりは弱まります。そこに同一化が始まり、分離感は徐々に弱まります。こうした流れの中に、象徴的概念(先入観)から解放され、対象を観察することのみの注意力と集中力が生まれてくるように思うのです。
 また、同一化が進めばヌード・モデル(対象)を”感じとる”こともできるようになります。その後、感情移入していくかどうか?は見解の分かれるところでしょう。感情が視覚(知覚)の邪魔をすることもありうるからです。イラスト的な絵画とは、誰にでも分かりやすく、また、商業的な目的で描かれたものを指しているのでしょう。2次元的アートについてを指しているというわけではありません。

        <スポンサーリンク>

 

  いすに腰掛けたポーズ

     < サイズ 50x70cm イラスト的なヌード画 >

         < 木炭とチャコールペン 使用  エロティックアート>

 デッサンとクロッキーとの違いについては曖昧なところもあります(もちろん、無理に区分けすることもないのですが)。一般的には、デッサンでは背景は描かれないようです。また、「クロッキー」はフランス語ですが、英語では「ドローウィング」、日本語では「素描」というようです。「素描」といえば読んで字のごとく、絵画の完成過程での初期段階ともいえますが、それ自体(素描)を完成された作品と考えることも出来ます。

<参考> チャコールペン・・・形状は鉛筆ですが、芯に木炭を固めたものを使用してます。いわゆる鉛筆は光沢を放ちますが、チャコールペンは(材質が木炭なので)光沢がなく、しっとりした濃い黒になります。2B〜6Bまでありますが、濃くなればそれだけ折れやすくもなりますので、使い方も難しくなります。

ヒップと街のポスターとのコラージュ

この背景画像となっている写真は、下北沢で撮ったものです。 ディスプレイ・ブティックのショーウィンドーを撮ったのですね。 イラスト的な感じにもなっているようです。

        <スポンサーリンク>

 

 

カフェ・インテリアを背景にした女性モデルのイメージ画像

こちらは、成城学園駅前での写真です。 ハーブとか、その種類のアロマに関する商品が並んでる店だったように記憶してます。 店内の黄色く見える明かりが雰囲気を出しているようです。 イラストにしては、立体感があるようにも思います。 色彩的にブルーの印象が強いせいでしょうか、現代的なスタイリッシュな感じがありますね。

ドライフラワーと裸婦のイメージ画像

ドライフラワーとの合成写真・ヌードのコラージュ技法です。 写真とはいっても、ヌードは絵なのですが。 イラストというよりもアニメの一場面のようでもあります。 妙に、足元のリアル感が気になる作品となってます。 女性ヌードの”軟らかさ・エロティック・アート”が絵になっていると思います。 エロとエロスについて・・・エロスの変容・歴史観

ヌード  Home      サイトマップ   ヌード・裸婦画像   エロス   フルヌード  ヌード・美  裸体美  機能美としてのヌード   ダイエット  バーチャル<  お腹(ウエスト)  レア  イラスト  セピアなヌード   母性  光と影  テーマをもって描く  イラストのようなヌード   

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com