ヌード ポーズ 豊満な女性と痩せた女性

バックから見る女性像・人体のバランスを問う画像

 

ヌード < 体の線とスタイル >

  人体の形状・バランス・線(ライン)などを総じてスタイルというのでしょう。一般的には、服を装った場合に見栄えのよい人(細めの人)をスタイルがいいといいますが、ヌード・ヌードポーズとして見る場合、比較的肉付きがよい(絵として描きやすい)人ををスタイルがよいというようです。実際に描いてみると、肉付きがよい人ほど立体的であるので描きやすく、細身の人ほど平面的になるので絵としては難しくなります。要はボリューム感が出しやすいかどうかという問題です。
 どのようなスタイルが描きやすいかどうかということは、描き手のスタイル(画風)によるところが大きいようです。ルノアールの絵画に見られるような豊満な女性を好む描き手もいれば、エゴン・シーレのような痩せ細った女性を好む方もいます。また、骨格をしっかり感じさせるモデルがよいのか、さほど感じさせないモデルがよいのかも人様々なようです・制作者の様々な趣味・趣向

女体の描かれた絵巻物

        <スポンサーリンク>

 

 

スタイルのよい女性の画像

< サイズ 40x60cm  ヌードポーズ  豊満な女性と痩せた女性>

ヌード < ジーンズを履いた女性 >

 ヌードモデル プロポーション&ポーズ・・・バストの大きさについては、もちろんバストそのもの大きさ(絶対値)によるものですが、視覚的にどうかということになれば・・・顔(頭)や肩幅との相対的関係によるようです。同じ大きさのバストであっても、顔が小さく肩幅が狭ければ視覚的には大きいと認識するようですね。

日本画的な画像

ヌードモデルの後ろから見た全体像です。 人体の線とボディーラインの美しい画像です。 和服との合成画象になってます。 モノクロにいいですね。

建築物を背景にコラージュ

 

(1800年代末から1920年ごろまでに建てられた)アール・ヌーボー(ベルギー)と言われた時期に建てられた建築物を背景にした人体芸術と建築物(アート)とのコラージュ画像です。

アール・ヌーボーの建築物と裸婦のコラージュ画像

 人体がすこし見え難いかもしれません。 体の線とスタイルがやっと見える程度です。ヌードモデル プロポーション&ポーズ&モーション。

  アール・デコを思わせる写真を背景にして創られた想像画

具体性のある絵画(絵)ではありません、何となく雰囲気で見ていただければよいと思ってます。

 

 

        <スポンサーリンク>

 

  石畳と人体のコラージュ画像

日本画的な絵巻物のような画像です・・・和のイメージ。 背景は石畳なのですが・・・

ヌード  Home      サイトマップ   プロポーション 自然であること    ポーズ     足・太もも  バスト1   バスト2   肌の質感   肌の奥を見る   ヒップ・   後姿・バック   裸婦の背中   のポーズ   美しいポーズ   椅子に座る  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com