ヌード エロティックアート 鉛筆画やパステル画

豊富なモチーフと親切な手順で描かれた素描

ヌード < テーマと課題 >

 

  ”丸く軟らかなこと”をテーマ・課題としてます。 自分の作品を客観的に言い表すことはなかなか難しいことです。なぜなら、感じたまま見えたままを絵にしてるだけで、コンセプトはあっても作為的に描くことはないからです。 また、解説はすべて後付になってしまうからです。 
 クロッキー会に参加する際は、前もって準備をします。前日に試し描きをすることもあります。 例えば、今回は肌の質感をテーマにしようとか、逆光になる位置に席をとろうとか。 先人の素晴らしいデッサンは画集などでもたくさん見ることができます。 レンブラントのように描いてやろう・・・とか、マティスのヌード・クロッキーのような洒落た曲線にはならないものか・・・とか、いろいろです。 ここでは、女性ヌード鉛筆で描く鉛筆画やパステル画を多く載せてますを多く載せてます。 ヌード・エロティックアート・・・下に載せてるようなコラージュ画像制作にはテーマや課題というものはなく、たくさん試したものの中から上手くいったものを参考にして、より確率の高い組み合わせを偶然に任せながら狙っていくというものです。     

ふくよかな女性のヌード画

        < サイズ 60x40cm >

  < テーマをもつこと  ヌード 鉛筆画やパステル画を多く載せてます>

 椅子に寄りかかった女性を描いてます。この絵の場合は、軟らかさを表現することがすべてを優先します。 

        <スポンサーリンク>

 

  タッチを変え質感を出す・足を開いて座り込むポーズ

絵を描くことだけでなく、全てのことについてもいえることかもしれませんが、テーマ・課題をもってことに臨むことはとても大切なことかもしれません。 クロッキー会などに参加する際にはそのときそのときで課題を設けて臨んでます。 上下二枚のこのクロッキー画では、この画像では確認し難いとは思いますが、細かな描写を鉛筆で描きこんでます。 テクスチャみたいなものかと思います。 全体的にはコンテを使用してます。

人体デッサン・エッジと接地面の意識

        <スポンサーリンク>

 

 

バーチャルとは、架空のという意味でしょうか、リアルでないということでは、非現実ですから、あまりいいイメージのない言葉でもあります。 バーチャルだから気楽ということもありますが・・・。お腹(ウエスト)を載せてます。 アート感覚で言えば、存在感が大切なわけで、細いか?ゆったりめか?もっちゃりしてるか?などは関係ない、見てません。 カラーでなければ、よりアート的な画像に見えることもあります・・セピアなヌード。 100年以上前からの建物が残っていれば建築様式はできますが、現代のものだけでは物足りません。 ギュスターヴ・モローの絵画を想わせる画像。本棚ってなんでしょう、制作者自身がよく分からないで載せてます。 科学の意味です・・・永遠の命がないことを(人に)上手に納得させるのでしょうか。アール・ヌーボーといわれる装飾品、その当時のロシアの壁画にある 物語性のある美術。 機能美が見れる ドイツの建築物。 ヌード・エロティックアートでの 変身って?なんでしょう・・

ヌード  Home      サイトマップ        エロティック・アート  母性  自己の投影  光と影  自画像  イラスト 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com