ヌード モデル 問われるものは、描く側の美意識と哲学

モデルの印象を率直に伝える絵

ヌード < ポートレート >

 

  ヌードモデル クロッキー&デッサン画像をするにあたって、また、そのものを作品・ポートレートとしようとするとき・・・「デッサンの技法」などという本や「先人たちの教え」みたいなものには耳をかさないほうがよいと思ってます。自由に好き勝手にのびのび描くことがよいと考えます。既成概念や先入観があれば、それなりのレベルの(上手な)絵にはなっても、大切な"何か”が伝わる絵にはなりそうもありません。面白く続けていける方法がベストだと思います。ポートレートといえば、一般的には着衣のものが多いと思います。カフェで働く 少年のポートレート ( ヌードな少年 ) も載せてみました。また、抽象とはいえないまでも、サンタクロースの素描画・花瓶の花・少年や少女のポートレート・古典絵画のイミテーション・チェロや造形としての水入れやポットなど・・・頭の中で創造する 人物・静物画 (ヌード・静物) なども載せてます。
 この絵(肖像)については・・・ 見る側の想像力(創造力)に委ねる絵を描いてるつもりです。絵は創造力を導く素材にすぎないし、絵そのものには「経験」もなければ「哲学」もない、一枚の紙切れであると考えます。問われるのは、(描く側はもちろんのこと)見る側の美意識と哲学である・・と思います・・・創造の不思議。 ごく日常的なことですが 仕事について。  来世とは? どう考えればよいのでしょう・・・死への恐れについては。  私の好きな人たち を紹介してます。 具体的な人名を挙げることではなく、周囲にいる人たちから・・

目の前に座る女性を描いた肖像画

        < サイズ 40x55cm >

   < ヌードモデルのポートレート >

 木炭紙にチャコールペン、赤・青・白の三色のパステルで描いてます。 ヌードモデルとの距離はおよそ2メートル。クロッキー会などではこの近さで描くことは難しいです、周りの方々の邪魔になりますから。
 3メートル以上は離れないと人物の全体把握は難しくなります。したがって、この絵のように、女体の部分 ( ヌード・プロポーション) (顔から腹・腰あたりまで)を描くことになります。 美術モデルもしくはヌードでなくてもポートレイト撮影をご希望の方、こちらへ連絡ください・・・ モデル希望者

        <スポンサーリンク>

 

  水彩紙と木炭紙の区別

上は古典絵画を背景にしてます。 下は花模様を背景にイメージ絵画としてコラージュしてます。 コラージュには、選ぶという美意識は問われますが、哲学は問われることはさほどないと思います。

細かな影を作るデッサン

ポートレートとする場合、このようにグリッドをとってみると奥行きのある画像になります。コラージュ画像の手順としては、グリッドをつけます。その後に、重ね画像を考えながら、コラージュを試してみるということです。

美しいヌード セルフも辞さない・・女性心理  について・・・自分一人で密かに撮る自分のヌード写真撮影・セルフポートレート、それでも、それだからこそ、「密室の規制」なるものはあるのでしょうね。 人の性への告発なのでしょうか? 内面の告白なのでしょうか? モデルは自分自身でもありますから、それほどスタイルがいいわけでもありません。 アイドルヌードではありませんから、いわゆる格好よくとか綺麗に!などという前提はありません。

        <スポンサーリンク>

 

 

ヌード  Home   サイトマップ    ヌード・美術モデル   描く人の心理   描かれる人の心理   「モデル日記」   デッサン会   ヌードになることの勧め   プライベートで描く   このヌードは私ではない   ポーズをリクエスト   下手でよい   妻や恋人や友人にヌードを依頼   背景の意味するもの   写真を見ながら描くヌード   寛いだ女性のボディーライン   思考としてのヌードデッサン   クロッキーの描き方   臨場感を大切にして描くヌード   ペンで描くクロッキー   市民デッサン会について 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com