ヌード ポーズ モデルの存在感に惹き込まれて絵を描く

生物的な生な形とメカニカルな形
デッサン

ヌード < バスト >

 

 ヌードモデルの存在感に惹き込まれて絵を描く・・・ メカニカルな形ではなく、生物的な生な形への拘り・量感と質感の違い・・・おヘソを中心にしてバストから太ももまでの画像になってます。 
 自然光ではなく(室内)それも上方向からの強い光の中で描いてます。
 ヌードポーズにおけるバスト(乳房)の占める割合は非常に大きなものと思われます(存在価値・意義からすれば・・・)。 腰のくびれ・ヒップの形や大きさ・太もも・・・など、挙げていけばきりがありません。 そこで、案外見逃しがちなのがヘソの存在なのですが、絵を描くときは(私の場合は)そのヘソを基準として描くので、とても重要な役割があります・・・また、存在感を感じます。 
  絵を描く場合は、バスト(乳房)の大きさや形などへの拘りや好みというものは問題ではありません、その存在感が重要です。 体全体としても、美しいプロポーションなどということは考えません、より存在感のある(モデルの内面までをも感じられる)体の表情・表現が大切と思われます。 絵描きは、モデルの存在感に惹き込まれて絵を描いているわけですから・・・エロスの意味とは?  フルヌードであることの当然さ・・・モデルにとっても描き手にとっても。 ヌード・美・裸体美です。 裸体美 ・・・美しさの本質とは? 造形美とは少し意味が違います・・・ 機能美としてのヌード ・・・女性の体は、子供を生み育てる機能というものがあります。 ダイエットなどする必要はあるのでしょうか? 理想のプロポーションなどというものはあるのでしょうか? バーチャルな世界と現実世界との区別・・・フィギアの人形を愛する若い世代。 ヌードポーズ・・・ お腹(ウエスト)ぽっちゃり!は可愛い。 レア・・・生という意味なのでしょうが、リアルという意味にも使います。。

ヘソの位置を基準に描かれた女性ヌード(バスト)画

< サイズ 40x60cm  ヌードモデル ヌードポーズ>

     < 美しいポーズ  プロポーション >

 美しいプロポーション、美しいポーズというものがあるのでしょうか。 それは、個人個人が勝手に(古典絵画などから)イメージする”定番”のポーズであったり、既成概念からイメージするものと考えられます。 モデルの方にとっては、物事には基本というものがあるとすれば、それら定番のヌードポーズを学ぶとこは大切なことかもしれません。 このような定番のポーズを学ぶことは、あくまでも"技術”であり、自己表現の”本質”ではないことを知っていてほしいものです。 アートの本質は、学ぶことではなく磨くことだと考えます。 ポーズという形を学ぶことよりも、内面を磨くことが大切であり、存在感のあるヌード・美術モデルへの近道とも思いますが・・・

        <スポンサーリンク>

 

  タッチを変え、質感を整える素描       ネールヌードコレクションから

絵をはじめたころに描いた10分ポーズです。

ヌード  Home      サイトマップ   プロポーション   スタイル    足・太もも  肌の質感  肌の奥を見る  ヒップ・  後姿・バック  座りポーズ  椅子に座る 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com