ヌード エロティックアート 大人の女性が描き易い

タイトル画像
クロッキーに赤と青で彩色したモチーフとしての人体

ヌード < 美 >

 

  ヌード エロティックアート・エロス・・  美とはいっても、美意識のことなのでしょうね。 これは管理人の勝手な見解となりますが・・フルヌード・ヌードの美について、描き手の側からどのように感じているかを書いてみましょう。
 10代後半から20代前半の女性は無駄肉が付いてないという意味ではスタイルは良いのでしょうが、女性本来の持つ美には届いてないように思います。ヌードとしてみた場合、20代後半以降の女性に「美・女性らしさ」を感じます。成熟してるという言い方も出来ますが、完成された女性美・裸体美・ ( ヌード・バスト) をそこに感じます。 ファッションの世界では痩せた女性が見栄えが良いのでしょうが、こと女性ヌードの世界では(太っているとか痩せいるとかは)まったく関係ないと考えます。ダイエットとは無縁の世界かもしれません。
 男性ヌードに関しては描いたことがないので実感としては分からないのですが・・・太っている男性ヌードは考え難いですね。ギリシャ彫刻のような筋肉のはっきり見える方が描きやすいようには思います。 とはいえ、バルザックの絵画に見られるような堂々とした中年男性をいつか描いてみたいとは思いますが。 また、機能美としてのヌードという言い方は出来るのでしょうか。

腰掛けながら顔を右に向ける、女性ヌード・パステル画

          < サイズ 40x60cm >

    < パステル画・・女性ヌード 成熟した女性  >

 写真を撮るときもそうですが、撮る対象を(情報として)説明するような撮り方はしません。自分の感じたままを画像に収めようと考えます。絵を描くにあたっても、紙面に全身が入るような描き方(アングル)に縛られることはありません。 この絵のように、頭や足の部分が欠けてしまうことはよくあります。 真後ろから見たヒップの図女性ヌード肖像画パステル画も展示してます。

        <スポンサーリンク>

 

 

花のイメージ画像・豊富なモチーフ

下の二枚は、上の原画を用いたエロティックアート画像です。 絵と額 について・・・原画の方がやっぱりというか当然というか、重ね絵よりは味がありますね。 重ね絵というのは、面白半分でやっていることなのですが、意外性を期待出来てなかなか面白いところもあります。 背景として使った画像は、花の写真と多摩川の夕日の写真です。 花が背景にあるコラージュ画像は、人物が見えにくいのが難ですね。人物が花に負けてしまっているようです。 コラージュとしては失敗のようですが、原画に比べれば、優雅な印象はありますね。 壁紙などに使えば、ちょうど良いかもしれません。 こういう(原画が背景に負けてしまう)場合は、重ねる前に花の写真のコントラストを下げておくとか、画像自体を明るくしておくと上手くいくものと思いわれます。  記録ではなく記憶するようにして描くのはアート作品制作のコツです。 写真撮影で最も多い失敗は手ブレした写真です。その補正・修正の仕方について詳しく書いてます。 誰でも出来ますから試して見ましょう。セピアでレトロでアナログ的であればなお美しい写真編集。 写真撮影のコツのようなものがあるとするならば、少し大きめなアングルで撮っておくことと、編集加工ソフトでいかに上手に丁寧に処理するか!ということですね。 それには、Picasa の使い方をご覧ください、というよりは、無料ソフトなのでぜひ使ってみてください。とっても、便利で重宝します。 

        <スポンサーリンク>

 

  原画に比べれば、優雅な印象はある合成写真

ヌード  Home      サイトマップ   ヌード・裸婦画像   エロス フルヌード    裸体美   ダイエット   バーチャル   お腹(ウエスト)   レア   イラスト   セピアなヌード   母性   イラストのようなヌード  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com