ヌード エロティックアート 触覚とか臭覚を実体験、視覚は仮の体験

 
体を丸めるようにポーズをとるモデルの画像

ヌード < ヌードであることの意味 >

 

  ヌードモデル ヌード・エロティックアート・・・ 女性ヌードの中に柔らかさを見ることがあります。 柔らかく感じるのは、体に柔軟性があるとか丸みがあるからということじゃなく、体験的に(女性の体が)柔らかいことを知っているからでしょう。 触覚とか臭覚を実体験とするなら、視覚は仮の体験とも言えそうです。
 これはあくまでも個人的な見解(好み)になりますが・・・女性であれば、お洒落のことも考えれば、体に対する”常識的な手入れ”はされていて当然です。 描き手としては出来る限り自然な在りのままの女性を描きたいわけですから、必要以上の手入れはされていないほうが良いように思います(ヘアを、海苔を貼ったように刈り込んだ状態では、自然さを欠き、とても描き難いです)、飾らないヌード。 コスチュームを装ったヌード、セミヌード、フルヌードとありますが、基本的にはフルヌードが好みです。 アクセサリーを着けたり、花や小道具などを使うモデルの方もいますが、これも基本的には何も身に着けない(何も使わない)ほうが(描き手にとっては)有難いです。
 ”観る人”がいて”観られる意識のモデル”がいるとするなら、それはクロッキー会場には相応しくない、何か勘違いしているのではないかなぁ・・・と思うのですが。 制作者のコラージュ作品から・・・萌えるヌードと人それぞれの妄想が映すヌード。 視覚は仮の体験に過ぎないとすれば、どちらも勝手に想像するヌードですが、(触覚とか臭覚をベースとする)創造力が問われる感じる哲学といわれるものはあるのでしょうか、創造力の問われる哲学とはもともと感じることから発せられたものだからでしょうか・・・

ブルーを背景にした画像。体を丸めるようにポーズする美術モデル

< ヌードであること・・ ヌード・エロティックアート >

 描き手(サイト管理人)はヌードを描くためにクロッキー会・市民デッサン会に参加に出かけているわけで、観るために出かけているわけではありません。
  ヌードとは、”何も身に着けない、飾らない、原型である”という意味に解釈してます。人体としては最も自然な状態(在りのままの姿)にある・・とも解釈してます。 美意識の(一つの)原点がそこにあるとも考えてます。 表現者としてのダンサー(のヌード)が美しくもあり、さり気無い(安易なポーズをとらない)ヌードにも美しさを感じます。

        <スポンサーリンク>

 

  ポーズをとるフルヌードのフランス人モデル

これら三枚の画像は、フランス人モデルを描いてます。 骨格の違いは顕かで、また、皮膚の質感 <肌の質感> の違いなども日本人女性とは違います。 舞台や踊りを素人かもしれませんが、いずれにしても何らかの形でアートに関っている方だとは思います。 このモデルさんは、パントマイムなどをする方なのではないかと思いますが、そのパントマイムというものが今もあるのでしょうか・・・ 肌の奥を見る・・・解剖学的な趣味はありません。たぶん、触感的な感覚・感性を研ぎ澄ませば、肌の奥を見る感覚へとなっていくことと思います。 肌の質感に囚われるのは、日本人の感性によるところかもしれません。

個性的である絵画モデル

トーンの強弱と構図と構成

        <スポンサーリンク>

 

 

ヌード  Home      サイトマップ   ヌード・裸婦画像   エロス ヌード・美   裸体美   ダイエット   バーチャル   お腹(ウエスト)   レア   イラスト   セピアなヌード   母性   イラストのようなヌード  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com