ヌード エロティックアート フィギアの人形が愛好される

タイトル画像
イメージで描く女性のヌード画

ヌード < バーチャル >

 

 一般的に考えるところのバーチャルとは、仮の世界を作ることに価値があるのではなく、現実の煩わしさから回避できるから、バーチャルの意味があるのでしょう。 フィギアの人形などが愛好されることに似てるかもしれません・・・ この絵は、実際に女性を目の前にして描いたものではありません。想像(エロティック・アートのイメージ)で描いてます。 バーチャルという言葉の意味自体が良く分かりませんし、これをバーチャルな絵と言って良いのかどうかも分かりません。
 明暗による描写や遠近法などを利用しなくても、線だけで立体を認識(錯覚)することは可能です。キュービズムの絵画などにもその手法が用いられてます。
 キュービズムについての解釈は様々ありますが・・・印象派の絵画に見られるような、影の部分の明度を落として表現する手法であれば、同時に色そのものの彩度も下がってしまいます。色の彩度を下げることなく立体表現しようとすれば、立体表現そのものを線の描写(強弱)に任せてしまうという手法があってもよいわけです。(管理人は)このようにキュービズムを解釈しているのですが、いかがなものでしょう。 キュービズムに限らず、様々な絵画の技法・在り方は(理論ではなく)内発的な衝動や欲求から生まれてくるのではないか・・と考えます。 また、マルセル・デユシャンの作品のように(欲求からではなく)概念が先行するアートもあります ( ヌードな風景 )・・・お絵かきソフトを使用してますが、概念が先行してると思われます。。

バーチャルとは仮の世界といことでしょうか、現実ではない・・といことでしょうか。  現実であれば、我侭は通らないということがありますが、バーチャルであれば何でもまかり通るということでもあります。 怖いようでもあり、また便利なことでもありますね。 人物大のフィギアの人形を ”愛用”されている方もいそうですね。 フィギアな(バーチャルな)という言葉とレアな(現実的な)という語は、対極にある語彙として使われているのかもしれません。

        <スポンサーリンク>

 

  線で描写するバーチャルな(現実感の薄い)・エロティックアート

後ろ向きのヌード

バーチャルな女性ヌード・エロティックアートとなってます。 何となく意外性というか非常識なポーズ・可愛いヌードを感じさせます。 そこが、面白いところかもしれません。 

バーチャルな映像

        <スポンサーリンク>

 

 

ヌード  Home      サイトマップ   ヌード・裸婦画像   エロス フルヌード    ヌード・美   裸体美   ダイエット   お腹(ウエスト)   レア   イラスト   セピアなヌード   母性   イラストのようなヌード  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com