ヌード エロスの変容 

   個性的でかつ豊富なモチーフを生かした写真                                                横たわるポーズを、斜め後ろから描いたヌードモデル写真

ヌード < エロス >

 公民館や美術館を借り切って行われるクロッキー会などでは、このようなヌード・ポーズをこの角度から描くことは少ないと思います。 エロス・エロティックアートとして、プライベートならではのヌード・ポーズでもあり、新たな挑戦にもなります。

        <スポンサーリンク>

 

 

 「ヌード・エロスの変容」を想わせるクロッキーということでしょうか。 女体の塊(下方向から描いたヌード)として捉えているのでしょうか、花瓶を描くように単なる造形美として捉えているのでしょうか。 ヒップのあたりの描写は、洋梨のようでもあります。 生きる力を宿す魂の絵をご覧ください。

  桜をイメージした絵画モデル画像

川に咲く桜との合成写真です。 季節とエロス・エロティックアートを感じさせるヌードとなっているようです。

        <スポンサーリンク>

 

 

 これは、クロッキーが出来上がった結果としてしか分からないことですが・・・視点(焦点)をどこに置くか、その範囲をどれ程にするか、はたまた、全体を均一にとられ、焦点のない絵にするのか・・・これらは常に迷います。 上の画像は、胴体全体に視点をおいて描いていったように思います。

        <スポンサーリンク>

 

  視覚デザイン・看板に書かれたヌード画 

アート的な画像です。 背景は下北沢  の看板をのせたものですが、ヌード画上手に重なっているようです。 コラージュの面白さが生かされているようです。 視覚デザインとしてみると面白いですね。

繊細な素描とラフに描かれた裸婦像とのコラージュ 

 エロスとエロを同様なものと考える(思っている)人は、知性レベルの低い人か、感性の浅い人のように思えることがあります。 簡単に言えば、女性の裸を見れば、エロいと思うわけですね。 っで、エロいことだけで終わってしまえば、それは動物と同じことになります。 ちょっとは人間らしく、エロティシズムを楽しむ教養と文化がほしいです。

  風景・人物。写真集

 

ヌード  Home      サイトマップ  エロスの変容・歴史観 日本の美術史 西洋の美術史 同性愛 性愛 肉体美 ギリシャ時代 ルネサンス 印象派なヌード 現代美術