ヌード  裸婦画像

ヌードクロッキー・タイトル画像
男性の顔・お絵かきソフト画

ヌード < ギリシャ時代 >

 ギリシャ時代には男尊女卑があったのでしょう、純粋な美しさを追求するとき、男性をモデルにしたものが多く存在したように思います。

 ヌード・エロスの変容 裸婦画像・・・下のコラージュ画像はかなり”難解な”画象になっていると思います。 頑張って見ないと見えてこない・・・観る人によっては見えないような画象になってます。 

広いアトリエを持つことはなかなか贅沢なことでもありますが、こうして、外で撮ってきた写真と絵画のコラージュをしていると、街などの外の空間もすべてがアトリエのように思えることはあります。 懐かしく想うこと・・・過去の記憶がそうさせるのでしょうが、子供のころの記憶が蘇ってくることがあります。 自然と人の関係は、対立することではなく共存するという観点からコラージュしてます。 ギリシャの時代は自然観といわれるものがどうだったんでしょう。 自然の厳しい地域であれば、対立する自然化が生まれてくるのでしょうが、地中海性気候のギリシャでは自然と対立するような思想や哲学は生まれてこなかったように思いますが、自然環境とは別の宗教観やその地域での慣習などの影響が大きいのでしょうか。 人体と自然の融合に見えているでしょうか。 コラージュ画像の失敗なのか、人体芸術として見えない作品も多くあります・・創った本人にだけ分かるような画像です。 ヌードモデルを前にして、エッジと接地面を考えながらステージの上のポーズを様々な角度からスケッチしていくわけですが、この画像は ヌードに見えますか? 見えているでしょうか? 背景が美しければ ヌードを映し出す光景もかわってきます。 ただ、写真が美しければ美しいコラージュができるということではなく、クロッキー画と写真との相性があります。 コラージュを多く試してくれば経験的に予測のきくこともありますが、コラージュの本当面白さは予測できないまぐれ当たり的な画像が出来ることにあります。  ヌード 花模様の壁紙など見ればお分かりですが、日本の柄・着物柄との合成は概して上手くいきます。 妖艶ないろっぽさをが醸し出される画像にもなります。 こちらは、 想いを演出するヌードですが、情感を思わせるヌード作品です。これらの作品のいずれもが、ピカサの編集ソフトによって創られてます。 無料ソフトでもあり、使い勝手もよいので初心者からプロレベルの方まで満足できる写真の編集加工 になっていると思います。

        <スポンサーリンク>

  じっと前を見つめるような男性の顔の絵

        <スポンサーリンク>

 

 石や貝などとのコラージュ作品を載せてます。  

 

テンペラ画のようにも見える貝とヌードクロッキー

テンペラ画のようにも見える貝とヌードクロッキー画のコラージュ

ギリシャ時代。

ブティックと精密画ヌードのコラージュ

この下の絵はとても興味深い作品になっていると思います。 女性(婦人)と少女の重ね絵のように見えますが、どちらも大人の女性です。 見えてきたり見えなくなったり・・・と、不思議な画像です。

石像とヌードのイメージ画

        <スポンサーリンク>

 

 

  風景・人物。写真集

 

ヌード  Home      サイトマップ  エロスの変容・歴史観 日本の美術史 西洋の美術史 エロス 同性愛 性愛 肉体美 ルネサンス 印象派なヌード 現代美術

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com