ヌード エロスの変容  裸婦画像

女性ヌードクロッキー・タイトル画像
エロティックなイメージ画

ヌード < 現代アート>

 現代アートに関しても、価値観の推移から考えれば分かりやすいと思います。 ピカソの絵の中にも感じられるように、20世紀は ”人間様こそ最も偉い”と思えた(驕った)時代背景があります。 環境問題などの反省から「機械文明の功罪」などが議論され、相対的な意味での「人」の価値が下がってきたと思われます。 木や森や虫に比べて、人が特に偉い・・ということではなくなったのでしょう。 したがって、「人」をテーマにした作品から「物」をテーマにした作品がより多く見られるようになりました。 物の形状や質感であったりと・・・パステル絵画 男と女のいる空間 木炭をベースにしたパステル画です。 現代アート的な感覚で作られた作品をご覧ください。 ここではモノクロヌード画ばかりですが、色彩のある絵ばかりを載せてます。 ヌード・エロスの変容を感じさせる画像・・・ 母と二人の子供 18世紀の女流カメラマンの作品をベースにして色づけたパステル画です。 サイズは70x65センチ。   卓上の静物 先人の作品を抽象化・アレンジして描いてます。   女性の造形 キュービズム的な描き方です。   男の肖像  日本画を西洋的な現代的な素描によって描いてます。 window  少女の顔をモデルにしてます。 誠実な顔 浮世絵的なモチーフをキュービズムの手法で描いてます。 女性の肖像画  自分では気に入った作品ですが、モデルになった方には ”睨みつけられた”作品です。 制作者の好む絵画とモデルの見方では大きく異なることもしばしばです。 遠い記憶の中で  原色を多用したオイルパステル(クレヨン)画。  婦人の絵  象徴的概念が先行したパステル絵画。  イメージ・平安時代 ブルーの背景が美しいパステル画。 少年の時  少年のころの記憶を描いてます。 副題「boy」となってます。  家族の絵  パステル画。 卓上のコラージュ  ソフトパステル画。  秋の風景  空のブルーに拘ってます。  抽象化した自画像  絵はそれ自体ですべて自画像なのでしょうが。  内的空間  内面的な告発する感覚です。 静かな叫び  原初的なイメージ画 独りであることの気楽さを絵にしてます。

自分で描いたものを解説をするのはとても難しいものがあります。この絵は、具体的な何かをイメージして描いたものではありません。 ある種の感覚を絵にしたものです。それでも結果としては、「女性器」を想わせるような絵になってしまいました(自分の目にはそう映ります)。「抽象・ 潜在意識」とはどんなものなのだろう?とい定義付けのようなものはいろいろ言われますが、そんなにややこしいものではないと考えます。 内なる葛藤とか衝動とか・・・内発的なものを形や色にしただけであると思います。

 

  風景・人物。写真集

 

        <スポンサーリンク>

 

  毛筆で描かれた様な非常識な印象のある抽象画

< ヌード・エロスの変容 裸婦画像>

        <スポンサーリンク>

上の絵と女性ヌード・ヒップの重ね画像です。手近で気楽に描ける抽象画。

手近で気楽に描ける抽象画とヌード

以前は手近で身近にあった脱穀機とヌードの重ね画像です。 古民家で撮った写真と裸婦を重ねてます。 意外性があると思います。 また、良く見ないと見えてこない作品でもあります。 なんとなく、現代アート感覚なのです。

以前は手近で身近にあった脱穀機とヌードクロッキー画のコラージュ作品

桜(自然)とヌードの調子を付ける感覚で加工するコラージュコラージュです。  桜はほぼ白ですが、背景となっている自然の緑がとても美しくヌード画に説得力を与えているようです。

桜とヌードの調子を付ける感覚で加工するコラージュ

ヌード  Home      サイトマップ  エロスの変容・歴史観 日本の美術史 西洋の美術史 エロス 同性愛 性愛 肉体美 ギリシャ時代 ルネサンス 印象派なヌード

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com