ヌード ポーズ 提案するポーズ

 

ヌード鉛筆画と下北沢のガード下のコラージュ画像

< ポーズについては、美術モデルと話し合う >  ここで載せているヌード画のほとんどが、そのポーズはモデル任せですが、美術モデルと話し合ってヌードポーズを決めていくこともあります。 モデルによっては大胆なポーズなのでしょうが、したポーズ(クリエイティブな好奇心非常識なポーズ・可愛いヌードモデルの心理・モデルに問われること)を載せてます。 というか、管理人である制作者が、して見える位置から絵を描いたと言う方が正しいと思います。 ヌードモデルとしてのプロポーションに存在感?があります。 ヌード鉛筆画と下北沢ガード下で撮った画像をコラージュしてみました。 原画の背景の描写はほとんど消えてしまうのですが、鉛筆画にはなかったリアリティーを感じます。 ここで載せているヌード画と相性がよいのは、自然(晩秋の葉の落ちた枝と地面の紅葉の葉)なのかなぁ・・と思います。 色々試してますが、コンセプト通りとにはいかないようです。 原画に拘ると上手くいかないようでもあります。 自然や風景でもなく原画のヌード画でもない別のアート画像を創るようなつもりでよいのではないか・・と考えます。 

 

  風景・人物。写真集

ヌード < のポーズ >

    これは あるモデルさん ( ヌード・のポーズ) に聞いた話ですが・・・関西方面でのモデルクラブでは、ヌードポーズに制限があるそうです。たぶんそれは、が見えてしまうようなポーズ(のポーズ)はNGということなのでしょう。関東では、基本的にはどのようなポーズであろうが、 ヌード・美術モデルさん任せのように聞いてます。 美術学校などでは ”定番のポーズ”で進められているようですが、クロッキー会や内輪だけの小規模な会では、アクロバティックなヌードポーズをとられるモデルさんもおり、全てが見えてしまう・隠しようがないポーズはあります。会によっては、女性器を強調するようなポーズを主に進められることもあるそうです。

        <スポンサーリンク>

 

 

足を広げた状態でポーズをとる美術モデルの画像

<秋の自然とヌードのイメージ画像> 上の原画をコラージュしたものです。

        <スポンサーリンク>

 

  繊細な表情・表現と立ちポーズ

       < サイズ 40x60cm  クロッキー画と花のコラージュ>

 この絵に関しては、スクワットをしてるような力強さを感じさせますが、実は腰掛けた状態でのポーズです。ここに展示される画像には珍しく、筋肉の張り感じさせるポーズとなってます。・・・繊細な表情・表現と立ちポーズ

< ヌード・のポーズ >

  が見えてしまうようなヌードポーズ ( ヌード・ヒップ・) の是非ついて・・・個人的な見解になりますが、顔も手もも体の一部である限り、特別な区別はないと考えます。 見えていても、特に気になったりすることもありませんし、不快感もありません。
 ここで誤解されては困るのですが、クロッキー会場はアートをする空間であり、日常的な空間ではないということです。 もし、不快感があったり非常識感だけで見えてしまう方いるなら、それはその人自身の見え方(感性や美意識)の問題であると思います。 乱暴な言い方にはなりますが・・・ 女性ヌードに厭らしさだけを感じるとするなら、それは ”あなたの見る目”が非常識なからです。

ヌード・ビジュアルアート 」でも書きましたが、人は自分の目でしか見ることが出来ない・・・自分の感性でしか感じられない・・・ということです。見えているようでも、それは視界に入っているだけで、(程度にもよりますが)そのものの本質(存在の意味)が見えているわけではない・・・ということです。

エロティックなポーズする絵画ヌード・絵巻物

ヌードポーズ 日本画のようでもあり、掛軸の感じもします。

        <スポンサーリンク>

 

 

ヌード  Home      サイトマップ   プロポーション 自然であること    ポーズ   スタイル     足・太もも  バスト1   バスト2   肌の質感   肌の奥を見る   ヒップ・   後姿・バック   裸婦の背中   美しいポーズ   椅子に座る  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com