ヌード モデル モデルを媒体にして、自己表現の手段

 
   腕を頭の上に組み、座った姿勢でポーズするヌードモデルの絵

ヌード < これは私ではない >

 「このヌードは私ではない・・」とモデルさんに言われたことがあります。 それならば「これではどうかな!?」と、モデルさんの内面まで踏み込んだつもりで描いてみました。

        <スポンサーリンク>

 

 

 

  風景・人物。写真集

 ヌードを前にして、描き手は(細かな影を付けたクロッキーやデッサンを)どのようなスタンスで描いているのでしょう。
 ヌードモデル・・・対象を媒体にして自己表現の手段として、ヌードを見ているのでしょうか。 対象(ここでは日本人女性)の内面までをも踏み込んで描き記していこうとしているのでしょうか。 ヌードモデルをされる方の「これは私ではない・・」の一言で、いろいろと考え込んでしまいました。
 内面にまで踏み込んで描こうとすることは(ある種)失礼なことのようにも思いますし、自己表現の手段と考えることは対象(女性)を限りなく「物」として捉えることにもなり、これもまた失礼なことにもなりかねません。
 私としては・・・自己表現の手段として(自己の内面を表現するために)ヌードを描いているようです。  

        <スポンサーリンク>

 

  古典絵画とのコラージュ

これは、ボッティチェリの絵画とのコラージュ画像です。 背景がボッティチェリであることは、勘の良い方には分かるかもしれません。 原則として、他者の絵画や写真などは使わないことにしてますが、この場合は例外的に使用してます。 上の画像は夜景との重ね絵です。 この夜景の写真もですが、使用している写真は管理人が撮った画像です。

ヌード  Home      サイトマップ  ヌード・美術モデル   描く人の心理   描かれる人の心理   「モデル日記」   デッサン会   ヌードになることの勧め   プライベートで描く   ポートレート   ポーズをリクエスト   下手でよい   妻や恋人や友人にヌードを依頼   背景の意味するもの   写真を見ながら描くヌード   寛いだ女性のボディーライン   思考としてのヌードデッサン   クロッキーの描き方   臨場感を大切にして描くヌード   ペンで描くクロッキー   市民デッサン会について