ヌード アニメ世代の視点 タブーはない

                                      斜め後ろから見るヒップが誇張されたヌード

ヌード < デフォルメ >

 ヌード モデル 裸婦画像・・・表現方法でいえば、対象を誇張したり強調したりすることをデフォルメ(技法)ということらしい。 これは、漫画やアニメにも広く応用されていること・・・ヌード・アニメ世代の視点。
 現実的には(実際に描いてみれば)、至近距離で対象を捉えればデフォルメしていくし、遠距離から見ればそうは見えない。

 モデルさんのとるポーズに関しては・・・ここ10年でずいぶん変わってきたように感じてます。 (私的ではなく)公開でのクロッキー会での話しになりますが・・・が見えてしまうようなポーズをとるモデルさんは以前はほとんどいなかったように記憶してます(今でも、美術学校やアート専門学校などでは、ポーズはある程度限定されているようではありますが)。 ポーズを限定するのであれば、必然的に退屈な面白みのないクロッキーにもなりかねません。 のポーズとか「上の画像」のようなポーズでもOKになってきたようです。 ’おかしな’タブー(ヌードに偏見はありますか?)を設けていること自体が、アート(芸術)的ではない・・ということが浸透してきたのでしょう。 ・・・歓迎すべきことです。

 

  風景・人物。写真集

        <スポンサーリンク>

 

 

 ヌードモデル(裸婦)をどのような角度から(また、どのような距離から)描こうが、フォルムとして面白ければ、よりクオリティーの高い作品となります。 この作品を描くにあたって・・・スケッチブックに鉛筆(B、2B、3B、8B)を使い分けてます。 サイズは50x40。 制作時間は3時間ですから、クロッキーとしてはけっこうなヌードを描く所要時間を要してます。

ショップの絵とヌード・裸婦のコラージュです・・・ヌードにタブーは設けない・・・漫画やアニメの表現に対して、規制しようとする動きがあるようですが、このことがいかにアホなことか、また、時代に逆行することなのか、ちょっと考えれば分かることです。 公園の池の周りに柵を作ることと同じで、柵がなければ(池に落ちた子供がいれば)管理する行政に責任を問われるのですが、柵を設けておけば、それを超えて進入した子供の責任を問うことであり、行政には責任はないと主張できるわけですね。 要するに、柵(規制)を造っておけば自分らの責任は問われないわけですから、自己保身なのですね。 柵(規制)をもうけることがいかにアホなことであるかは、自然の中では柵(規制)などはどこにも設けてませんから・・・

自然なポーズ

原画のヌードは近くで描いていることもあり、多少デフォルメしてます。

夜空とヌードクロッキー画のコラージュ

        <スポンサーリンク>

ヌード  Home      サイトマップ    若い人たちの視点 2次元的アートについて     可愛いヌード   ニヒリズム   憂鬱の図   試行錯誤    能面   非常識なイメージ   浮世絵   キュービズム   象徴的概念   ビジュアル(視覚)   現代美術