ヌード アニメ世代の視点  美しいデッサンのエッセンス、トーンの強弱とタッチ、質感の出し方

 
のポーズをとる女性美術モデルの画像

ヌード < 可愛いヌード >

エッセンス、トーンの強弱とタッチ、質感の出し方・・・自然な無理のないポーズとなってます。

 

アニメや漫画のような印象があります。 これといって、可愛く描こうと思って描いたわけではなく、出来上がったら可愛い感じになったので、が見えるポーズですが、「可愛いヌード」というタイトルになりました。 モデルはアジア人(日本人)女性です。 点と線と面について。 均一なトーン、水彩画や油絵のエッセンス、ポイントを絞って描く「透視図法と構図」、トーンの強弱とタッチ、質感の出し方、水彩紙と木炭紙の使用・選択など・・様々な視点で描くヌード絵画と感じる哲学とアニメ世代の視点。

        <スポンサーリンク>

 こういうアングルで描くというのは、けっこう難しくて、普段なら見えてはならないところも見えてるわけで・・・観察力が変に偏ってはならないし、仕上がった絵にも不自然があってはならないと思うわけです。
 描く人には様々なスタンス(美意識・哲学)があります。 個人的には、非常識であることに拘ってはいませんし、それを掘り下げていこうという意識もありません。 ただ、仕上がったクロッキーが何らかのエロティシズムを感じさせるものでなければ、ヌードクロッキーとしては味気ないものになってしまうようにも思います。 非常識って?・・・「女性ヌード が見えてしまうポーズを描く」

 命あるもの全てに感謝の気持ちがあります、生命のリズムを感じる。 大切にしたいという意識も働いているのでしょう。 それらを「可愛い」という言葉に置き換えているのかもしれません・ヌード・アニメ世代の視点。

日本的な精神風土なのでしょう・・・自然的条件と人間の生き方や考え方・感じ方を結び付けていくことは。 霊的存在としての自然、自然の背景には「神」が潜むと考えること、自然や人間に対する感謝の気持ちを「可愛い・・」という表現に置き換えること。天地から出現した神々の創造する「自然」という考え方もできます・・・古代日本人の自然観は ”ここ”(制作者の内・新たな視点とキッカケは好奇心)にも生き続けているようです。  

 

  風景・人物。写真集

        <スポンサーリンク>

 

  グロテスクな印象のある森とヌードのイメージ画像

ちょっと見た目には、グロテスクな印象もありますが、自然と女性ヌードの重ね絵です。 編集ソフトを使って加工してます、合成画像の作成方法を解説してます。 原画のニュアンスはほとんど飛んでしまっているようではありますが、原画が手抜きであればたいした作品にはならない・・というのがコラージュです。 なども印象深く描かれたヌード画ですから、エロティシズムを感じさせるというか、自然とヌード・・どちらも私にとっては有り難い・大切にしたい・とても可愛い存在として感じてます。 これでも、「可愛いヌード・ヌードなアート】」なのです。

現代絵画的なアート的な大自然とヌードのイメージ画像

現代絵画・抽象絵画(ヌード・アニメ世代の視点)のようにも見えますが、森とヌードのコラージュ作品です。 (秋の)森の写真だけでは、無味乾燥とした印象の写真になりますが、人体ヌードを重ねると息吹が入るというか、蘇るような画象になります。 生命の宿る作品となるように思います。 ヌードももともと自然なものですから、(自然との)重ね画像としての相性は良いです。

ヌード  Home      サイトマップ    若い人たちの視点   2次元的アートについて   デフォルメするヌード   ニヒリズム   憂鬱の図   試行錯誤    能面   非常識なイメージ   浮世絵   キュービズム   象徴的概念   ビジュアル(視覚)