ヌード アニメの視点

   エロティシズムを感じさせる裸婦デッサン画像

ヌード < 優雅であること >

  今日はとても疲れていた。 肩こりと胸が締め付けられるような不快感もあった。 軽い風邪なのかストレスからくる欝に似たものなのか・・・どちらなのか分からない。 確かなことはデパスを飲めば楽になり気が休まることだ。
 ヌード・アニメの視点・・・安定剤のせいなのか、モデルの表情なのか、いつになく優雅なヌードが描けたように思う。 心理相談

        <スポンサーリンク>

 絵を描くのは元々我流なので、本来はどうあるべきなのか・・・などということを知らないし興味もない。 ”自分の目”が満足すればそれでいいわけだが、それがなかなかそうはいかない。 描き終えた瞬間には、オレは天才だ!などと思うこともある。 そんな思い上がりも長続きはしない。 何かが足りない。 踏み込みが足りないのだろうか、己との向き合い方が甘いのだろうか、それとも素直さに問題があるのだろうか。

 尊敬する画家はいる。 だが、彼らの真似・模倣するをするつもりはない、彼らの歩んだ道を辿るつもりもない。 ただ、自分の絵を描きたいだけだ。 自分の感覚を描き記したい、ただそれだけなのだが。

 自己採点を試みる・・・上の絵は65点くらいか、ヌード・アニメの視点から。 そういえば、未だ80点を超えたことがない。

  新たな反応の仕方と自然に溶け込む裸婦像

寛いだ女性ヌード・プロポーション・優雅さを感じさせる画像を二枚入れて見ました。 原画はサイト内にも載せているヌード画です。 どちらも秋の風景との重ね絵です。 これはたぶん男性感覚なのでしょうが、自然を眺めているとその背景にヌードが被ってくるようなことがあります。 錯覚なのでしょうが、現実に見えてくるようなこともあります。 それが、このような図・新たな視点(新たな反応の仕方)とです。 

        <スポンサーリンク>

 

  紅葉に染まるヌードのイメージ画像

現実と非現実の世界についてですが・夢と現実・・自然の中にこのような女性ヌードをみることと同様に、街を歩いていてもヌードを見ることはあります。 もちろん、裸の女性が街を歩いているわけもなく、想像の産物なのでしょうが・・・(正面から来る)服を着ている女性は現実ですが、その人のヌードを一瞬 想像出来ることがあります。 それもかなり写実的(リアル)に。 ヌードを見慣れているからなのか、想像力がそうさせるのかは分かりませんが、単に街を歩いているだけでも、現実と非現実の交錯する世界にいるようです。 新たな視点・若い人たちの視点

街を歩く女性ヌード・非現実の世界

ヌード  Home      サイトマップ    若い人たちの視点   可愛いヌード   ニヒリズム   憂鬱の図   試行錯誤    能面   非常識なイメージ   浮世絵   キュービズム   象徴的概念   ビジュアル(視覚)   現代美術