ヌード 七夕を想わせる ヌードなアート

ヌードモデル・タイトル画像
七夕をイメージした踊る女性の絵

ヌードな祭り  七夕の日に因んだ作品です。色合いが七夕を想わせます。子供の頃の 遠い記憶が蘇ってくるからなのでしょうか、祭りには郷愁に似た想いがそこにはあります。 この絵を描いたのも・・・七夕の時期にモデルと散歩をしていて、その嬉しさを絵にしているといえば、そのとおりなのです。 
 この絵のように、コンセプトにそって描くことがあります。 表現方法を予め決めた後に描いていきます。 ワクワク感が前面に出ているように思います。 祭りだ!わっしょい!みたいな・・
 「ヌードなアート・祭り」というものがあるはずもありません。 祭りの印象を在りのままに(ヌードに)描いてみました。

        <スポンサーリンク>

 

 
膝を抱え込んで座る自画像・子供の頃の記憶から

 他の作家の作品を観るとき、その人の生い立ちや趣味趣向・性癖までも勝手に想像して見てる事があります。 そう考えると、この絵をここに貼っていることはとても恥ずかしいことではあります。
 この絵の代わりに自分のヌード写真を載せておく方がよっぽど楽な気もします(そんな写真は誰も歓迎しませんし、迷惑なことではありますが)。

  

        <スポンサーリンク>

 

 

考えてみれば、原宿のような街は一年中お祭りのような街ということも出来ます。 人がザワザワそわそわしながら歩いてますからね。 中央は原宿の写真ですが、右は下北の写真です。 左側には、アメリカで撮ったエレキギターの画像のもあります。

原宿の画像

 

ヌードなアート

昭和の民家のイメージ画像

昭和の民家のコラージュ写真です。 ヌードなアート、碁盤の目のように並べていくコラージュもありますが、このように、写真を重ねていくようなコラージュもあります。 室内の写真と外の緑の写真を交互に使うことによって、画象に変化が生まれます。 ヌードの原画となっている画像は、美術モデルと向き合って描いたクロッキー作品です。 裸婦モデルの真理、興味深いと思います

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com