ヌード 自分らしさの表現 コンセプトが先にあるアート

ヌードモデル
青紫を基調色にした画像

ヌードな遊び心  現実の中では、ヌードなアート・遊び心を表現することや遊び感覚で行動することは出来そうでなかなか出来ないものです。こと絵の中では(小さな四角い紙面の中ではありますが)それが可能なのです。 思いっきり好き勝手に遊ぶことが出来ます。 こういう描き方は、精神的にも良い効果がありそうです。 描き終わった後も心地よい疲労感が残ります。 
  左の絵も下の絵も、描いていてとても楽しかったことを覚えてます。 コンセプトが先にあるような絵では、楽しみより根気や気合みたいなもが必要なことも多くあります。 気楽に羽を伸ばす感覚で、気負わずに描いていればけっこう楽しいものなのです。 また、綺麗な絵に見せようとか、上手な絵にしようとかというような”変な欲”を出さないようにすることも大切ですね。 本来の自分らしさが出ていれば(表現すれば)、美しくなる・・というような自信みたいなものも大切なのでしょう。 「ヌードな遊び心・ヌードなアート・エロティック・アート」を大切にしたいものです。
    裸婦画像 も載せてます。

        <スポンサーリンク>

 

 
空間を遊泳するようなイメージで描かれた絵

        <スポンサーリンク>

 

 

遊び心が描かせた(コラージュさせた)ヌードなアートです。 原画は、美術モデルをクロッキーしたものです。編集加工の基礎をマスタするため実験的なコラージ・神秘

 

夕方のビジネス街をとった画像とのコラージュ。 遊び心というのは、自分らしさの表現と言えそうですね。

  基礎をマスタするため実験的なコラージュ画像

秋の公園でワンショットとヌードのイメージ画像です。 このような画像は、「自然派」としての信仰のようなものがありますかね。 ヌードな遊び心・・とはちょっと違うようです。 自然主義とか自然派といわれる考え方(ブーム)は19世紀末にヨーロッパ大陸で広まったことと思います。 それがこの国にも入って来たと。 実験的であったり経験的であったり、時には生物学(遺伝)的であったりと・・和装的な根拠を基にして語られたことだと思います。 今日、自然派といわれる考え方が再考されるようになったのも、自然と対峙する考え方ではなく、自然と共生・共存するような考え方が新たに生まれてきたからなのでしょうか。 ヌードなアートを創りだすための新たな試練と反応の仕方なのでしょうか。

 

ヌードなアート

新たな試練と反応の仕方

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com