ヌード 「在りのままな自然」 ピカサ3で画像編集

ヌードモデル
夜空の花火を描いた絵

ヌードな自然  左はヌードな自然とはいっても、夜景・ 天を舞うを描いてます。 「在りのままな自然」として、ヌードなアートを載せてます。 下の絵のタイトルは「秋・紅葉」です。
 自身の精神的なレベルはちょうど左の絵くらいですかね。 一見暗そうに見えますが、根が御めでたいのか楽観的なのか、”苦悩”とは無縁な天然な性格してるからなのでしょうか・・・外見的には "ひょうひょうとした人格”に見えるそうです。
また、苦悩することがより人間らしいとか、人であれば必然的に苦悩するようにできている・・というような言い方が好きな人もいます。 あまりこのような考え方には賛同しかねますね・・・在りのままな自然な在り方をしていればよいわけですから、苦悩すれば人間に磨きがかかるというような考え方もしないようにしてます。 苦悩するアーティストといえば ベートーベンなのでしょうが、マインドのあるアートといえば、軽く楽しめるアートのイメージがあります。

        <スポンサーリンク>

 

  黄色・黄緑・鮮やかな青で描いた秋の紅葉を抽象化した絵

 上の画像はPicasa3・ピカサ3で画像編集してみました。その他にも、ピカサ3で画像編集した ヌード裸婦画像 を載せてます。編集したとはいっても、切り取りをした後に <I'm feeling lucky > を押しただけなのですが・・・

        <スポンサーリンク>

 

 

 自然なヌードと街の写真をミックスさせてます。 自然(ヌード)と街(人工的な物)とのコントラストから生まれる面白さみたいなものに期待して重ね画像・壁の落書きを試みてます。 街の中をヌードの女性が歩いているわけもなく、ショーウィンドーに生身の女性が入っているわけもありませんから、その意味では、非現実を楽しんでいるのかもしれません。

 

下北沢のショップと在りのままの姿を描いたオーソドックスなコラージュ

 

ヌードなアート

このような在りのままの自然・神秘な世界観をを背景にしたコラージュ・ヌードなアートを楽しんでます。  どうせ、コラージュ(重ね絵)だからいい加減な画像や絵でよいかというと、まったくそれは通用しません。 美術モデルを描いたクロッキー画の描写が”甘い”絵であれば、説得力ある画像にはなりませんし、重ねる写真がブレていたりボケていたりすれば、そのようなコラージュ画像はことごとく失敗します、というか、失敗してます。

  色鮮やかなショーウィンドーを背景にした女性美術モデルフォト

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com