ヌード カメラと人の目の違い ヌード作品集

仰向けのヌード

 

ヌード < 逆光の中に見るヌード カメラと人の目の違い >

逆光の中でモデルを見るとき、カメラと人の目の違いに気付きます。
カメラは、焦点距離はもちろん露出まで一律で撮ってしまうのですが
人の目はといえば・・・強い光を見れば瞳孔は閉じ
人体の(画面の中で相対的に)暗い部分を見れば瞳孔は開き加減になります。
人の目は、見る部分によって微妙に焦点距離をかえたり、
カメラで言うところの露出(瞳孔)を調整して見てるわけです。
・・・こうして、対象を把握します・・・ビジュアル(視覚)

<スポンサーリンク>

 

  

カメラは一瞬にして「物理的に」正確に対象を写し撮ります。
それに対し、人の目は焦点距離を変えたり瞳孔を調整しながら対象を把握していきます。

<スポンサーリンク>

 

  

一般的には、淡い光の中で描くことが最も難しくなります。
言い換えれば、光源の数が多くなればなるほど、明暗の差が少なければ少ないほど、難しくなります。
逆光の中に見るヌードが描き難いのは、
物体は出っ張っているところが明るく、引っ込んでいることころは暗いという、当然のことに逆転現象が起こることです。 
逆光の中に見るヌード、試しに描いてみて下さい。 
絵を描くことは、影の認識から始まると考えてます。

 

タッチとトーンで描くお腹と下腹部 量感の違い・胸と顔 奥へ抜ける空間を創る・横たわる女性の上半身 質感の違いを出す・斜め後ろから見たヒップの図

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com