ヌード サムネイル画像とヌード画のテクスチャアの違い ヌード作品集

均一なトーンと奥へ広がる構図と構成

 

ヌード < 背中から見たヒップの図 >

背中から見たヌード・ヒップの図です。
ヌードとして見るとき、女性の体の中ではもっとも存在感のある部位です。 ⇒ <モデルへのインタビュー
モデルがポーズをとっているとき、または、描き手を意識しながらポーズととるとき、
何を考えながら、何を意識してポーズしているのでしょう? モデルにインタビューしてます

<スポンサーリンク>

下に並ぶサムネイル画像ですが
絵の一部分をくり抜いて作ったものから、それを回転させて作ったものまで・・・
下の並べたように”上手く”揃うことは少なく、何となくギクシャクすることが多いものです
全体像がつかめるものなら、それ以上の想像力を働かせる必要はないわけですが
部分の画像であれば、想像力を働かせない限り、見えてこないこともあります
その想像力を強いられることが視覚的好奇心へ繋がるともいえるようです。ヌード写真はエロですか?
もう一つ難しいと思えることは
画像のテクスチャを揃えることですかね
左から三枚目の画像には少し違和感はありますが、それ以外は画肌・質感はそろっているようですね
上の背中から見た女性のヒップの図は、これらヌードのサムネイル画像とはそのテクスチャは顕かに異なります
上の画像には、ざらつきがありますね。 サムネイル画像では、画像のテクスチャアを揃えることは大切です。

<スポンサーリンク>

均一なトーンと奥へ広がる構図と構成・・・基本的には均一なトーンを意識しながら描いていきます。
 画面を均一に保とうとするために、濃淡やメリハリが必要となります。 
ポーズ付けをするのなら、奥に広がる構図と構成を考えます。 
この場合は、描き方ではなく、モデルのポーズ(機能美と造形美)の仕方を考えてます。

左横に回転したポーズとモーション 髪と背景の陰影 寝転がる女性ヌードの胸の形 立体感・光を反射するウエストライン

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com