ヌード 経験が描かせる絵 ヌード作品集

女性の肌とスキンケア

 

ヌード < ヌード・視覚よりも触覚 >

ビジュアル(視覚)的であることは哲学的・神秘感じる哲学であることに結び付く・・・と考えます。
また、触覚的であることは経験的であり即物的であると考えました。
好奇心があれば、絵を描いてみようとまでは考えるのですが
実際に描くとなると、それなりのエネルギーが要ります
単なる好奇心だけでは絵にすることはできませんし、たとえ、一枚かけてもその先が続きません
観察力という知的好奇心が問われます
ところが、触覚的であることは、興味本位な好奇心(キッカケは好奇心)でも絵は描けるということになります。
知的好奇心は哲学へ、触覚的であることは経験的であり興味本位であると考えたのでしょう
・・・このように考えるのはたぶん20世紀までのことで、
21世紀の現代では、触覚的で経験的であることがアートの一つの流れにもなっているようです。

<スポンサーリンク>

上の女性ヌード画は、触覚的に描かれたように思います。
視覚という客観とはほど遠く、ヌードな母性に包みこれるような錯覚さえあります。その意味では、経験が描かせる絵とも言えます

<スポンサーリンク>

個性的な視覚表現 独自性のある触覚的表現 触覚的である量感表現 オーソドックス?な母性と胸の画像

 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com