ヌード 描き手と(ヌード)モデルの存在する時空の違い ヌード作品集

据わった状態のアカデミックなポーズ

 

ヌード < よくある、肋の見えるポーズ >

描き手の個性(ときには癖)がはっきり観えるのは、「モデルとの距離感」に由るところが大きい。
距離感だけではなく、(描き手とモデルの住む)時空の違い・次元の違いなども感じさせる。究極の美としてのヌード

<スポンサーリンク>

描き手と(ヌード)モデルの存在する時空の違いを感じるのは
・・・モデルが過去または未来に存在するにもかかわらず、描き手は現在(現実)に位置する。
 描き手がこれまで生きてきた世界、これから生きていくだろう世界に存在し得ないところにモデルを見るのなら、
それはたぶん、異次元のところにモデル(ヌード)を想定しているのだろう・・・とか。

<スポンサーリンク>

自分には持ち得ない距離感で描かれた作品には、憧れや時には嫉妬にも似たものを感じる。
ただ、この「距離感」だけは自分で選ぶことはできないし、
たとえ選ぶことができても、既にやり直しのきかないところまで来てしまったのかもしれないと・・・生きる意味

<スポンサーリンク>

奥行きを感じさせるリアルな画像 素肌のゆったり感・説得力ある量感 現実とエロティシズムの狭間 シェイプアップされたウエスト

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com