ヌード 記録するのではなく、心に刻むような感覚で描く「ヌードな顔」ヌードパステル作品集

  キュービズムを思わせるパステルで描いた肖像画

 

ヌード < 誠実な顔 >

「誠実な顔」と題した以上、自画像とは言いません。 「ヌードな顔・ヌードな存在」とすればよいのでしょう。
チャコールペンにソフトパステル使用。  誠実な顔、在りのままな姿・・・ヌードな肖像。

ひょんなきっかけでひょいと描いたら、こうなったという絵です。
考えないで描くほうが、記憶に残る絵になりそうです。
日記を書くにしても、記録するのではなく、心に刻むような感覚で描いていきたいと思います・ 記録ではなく記憶すること。

 余談になるのですが・・・
サイトを運営する者にとって、訪問者・ユーザーがより多く来ることはとても気になるところです。 
要は、検索順位は上の方に行くのだろうか? といことです。
 検索エンジンが、「誠実な顔」というキーワードでどれくらいの順位にするか? ということ。
 メジャーなワードなら3ページくらいまではユーザーは見ますが、
パステル作品集「誠実な顔」では1ページでそれも5番目くらいには位置してないと、ユーザーは訪れません。
 ・・・などということで、ある程度のテキストがないとコンテンツのあるページ・サイトとは(検索エンジンは)判断しないので、
多少無理があってもこうして(キーワードとその関連用語を織り交ぜながら)テキストを入れているわけです。
 その意味でも、冊子などでの上手な文章とネット上での上手な文章は違うのです。
 画像枚数と検索順位についても、それらしいデータはあります。
 descriptionは、検索画面上に表示されることもあり、重要な役目を果たしていることになります。

二子玉川のカフェの空間 インテリアのテーブル 飾りとしての瓶 世田谷にある砧公園の夕日

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com