ヌード 共有できるのか? イメージ ヌードパステル作品集

  二次元的に押しつぶした空間

ヌード < 面に還元した風景 >

ヌードな風景」というタイトルです。
面に還元すること・・・それは、色彩を優先すること。 2次元的アートが生まれてきたこと。
コンセプトを前面に出した作品です。 タイトルは「ヌードな風景」とするのが良いでしょうね。 
こう描こうとする意志がはっきりしてます。

<スポンサーリンク>

色彩を大切にしたいがために、こういう描き方をしてます。
立体認識は点と線と面に任せてます。
・・・絵もこうなってくると、自分には分かっていても、
他人には通じない・・ということが起こります、それもしばしば・・。 観る人の感性(立体認識力)に因るのでしょうか。
女性ヌードのイメージだけでも他人と共有することは難しいことですし、
ヌードイメージを共有するというのもおかしな話ではあります。
イメージを具体化することに慣れている人にとっても、制作者自身にとっても、
女性のイメージ、ヌードのイメージなるものがどのような図なのか、認識しづらい。
まして、他人と共有できるものは考え難い。

等々力渓谷 静かな山道 じめじめした坂道 古民家の入り口・面と線の還元

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com