日本人 屏風に描かれた、着物を羽織った日本人ヌード

 
   美術モデルを描いた裸婦画像

< 着物 >

  着物と着物柄を使った日本人ヌードのコラージュ裸婦画像。 和装小物・着物のコーナーで撮影した画像を基にして、ヌード・美術モデル裸婦とコラージュしてます。 ヌードではなく、和服・着物を着ているように見えます。 また、見方によっては刺青をしているようにも見えます。 着物の背景色でもあるアイボリーがとても美しく見えます。 総じていえることですが、日本の柄はヌードとの重ね絵としての相性はとても良いです。 特に、その題材を自然から得ている花模様などがコラージュに適してます。 着物柄といっても、伝統的な様式美を扱った柄は重ね絵として上手くいきません。 着物柄といっても、重ね絵に合うものと合わないものがあるのは、造形美としてのヌードアートとの相性なのか、作者の好みなのかは分かりません。また、日本人ヌードモデルの美術モデルの心理としてはどうなのでしょうか?

              <スポンサーリンク>

街の夕焼けと寛ぐモデル

女性ヌードバストと着物柄の展示物。 ヌードは木炭デッサン、着物柄はショーウィンドーのディスプレイ。

また、屏風に描かれた着物を羽織った女性の日本画のようにも見えます。 和の空間が広がります。

<スポンサーリンク>

下に載せている画像は、重ね絵の原画にもなっているクロッキーです。 描くのに、時間的には2〜3時間を要してます・・・ヌードを描く所要時間。 鉛筆で描いてますが、1B〜8B までを使い分けながら明暗描写をしてます。 サイズとしては、60x70センチあります、比較的大きな絵となります。 鉛筆画の撮影で難しいことは、鉛筆は照り返しがあることです。 黒く沈んでもらわないとならないところが照り返しで白く飛んでしまうことです。

コラージュ画像の原画となっているヌード画

チェリストをモチーフにした人物画・サンタクロースですが、実際に日本人ヌードモデルを前にして描いたものではなく、イメージで制作したものです。 着物柄のように見える花も模様は実際の花を撮影したものです。 こうして、コラージュしてみると、メダルかブローチのようでもあり、何かの紋章のようでもあります。 時代感覚から言えば、大正時代(文化)の香りがします。 着物ではなくても、このような花模様は見かけますね。

チェリストをモチーフにした人物画

<スポンサーリンク>

街の写真とヌードのコラージュ裸婦画像を貼ってます。 ヌードは管理人のクロッキー作品であり、写真は下北沢 などで撮ったものです。

街の写真とヌードコラージュ画像 クリスマスのときの撮ったヌード合成画像 下北の街とヌードのコラージュ画像

ヌード  Home   サイトマップ    日本画  和服  自然派  コラージュ画像  京都・清水のモミジ  なぜ、裸なのか?  Sting を聴きながら  大人の女性  合成画像  模様  ヌード美人  日本人女性  女性のイメージ  アート  タブー  枯葉  芸術  自然と人間  感性と美意識