日本人 和服柄のコラージュ裸婦画像

 
日本的な感覚で創られた合成写真

< 和服柄 >

和服とヌードのコラージュ裸婦画像のように・・・日本人ヌードモデルの方に依頼して描いた絵を基にしてます。  文様とは、形や色・構成などを表すときに使うそうです。 季節を表す柄もあれば、花を題材にした柄、生き物の柄、古くから使われているクラシックな柄などがあります。  日本人ヌードと和服柄とのヌードのコラージュ技法です。

              <スポンサーリンク>

上で使われている柄が季節を表しているのか、花模様を表しているのか、その両方を指しているのかよく分かりません。 この写真は、少しコントラストを上げたほうが良いようにも思いますが、あえて、少し薄暗い感じの画象に抑えてみました。 コントラストを上げれば、微妙な描写は飛んでしまいます、特にクロッキー画のニュアンスが・・・これは、これはカメラの精度にも関係していて、一眼でしっかりとったものであればさほどの劣化はしないのですが、コンパクトやケイタイであれば、明らかな画質低下が見られます。

<スポンサーリンク>

下の二枚の画像(日本人ヌードモデル・美術モデル裸婦と和服)を重ね合わせた絵が上の画像です・・・裸婦の背中

世間的なあるいは一般的な見方として、ルックス的な見地から女性の価値を決めるのは「若さと可愛さとスタイルの良さ」ではないかと思われます。 ところが、美術(アート)モデルとしての価値は描き手に描く気を起こさせるポーズがとれるかどうか、表現者として肉体・を造形美として提示できるかどうかを問われます。 ヌードを単に鑑賞するのであれば、「若さと可愛さとスタイルの良さ」なのでしょうが、絵を描くという行為はそれなりのエネルギーを要します、それだけで絵にすることはできません。 ここに描いているヌードは、40代半ばの美術モデルさんです。 美術モデルの世界では「若さ」だけではそれ程の意味を持たないことがお分かりと思います。 和服を着こなせるくらいのセンスは日本人ヌードモデルには問われるかもしれません。

              <スポンサーリンク>

 

   原画となった美術モデル裸婦画像

和服の柄とはいっても、色々な柄があり、伝統を感じさせるものも多いのですが、重ね画像として適してると思われるものは少ないんです。 伝統と歴史・日本の美術史を感じさせるものでも、定番というか、画一化されてるものは好みではありません。

コラージュされた和服柄の図

女性のセミヌード・フルヌード画と花模様のコラージュ作品です。 美術モデルをヌード(裸婦)で描いたクロッキーを基にしてます。 日本の伝統的な和服柄を身に着けているようです。 日本人ヌードの着物姿を想わせます。

乙女の祈りを思わせる美術モデル裸婦 耽美的なクリップアート作品 花模様・ヌードの加工写真

ヌード  Home   サイトマップ    日本画  着物  自然派  コラージュ画像  京都・清水のモミジ  なぜ、裸なのか?  Sting を聴きながら  大人の女性  合成画像  模様  ヌード美人  日本人女性  女性のイメージ  アート  タブー  枯葉  芸術  自然と人間  感性と美意識