日本人 主なコンテンツとしているサイト

 
   タイトル画像

< コンテンツ >

 このサイト(日本人ヌード) のように主なコンテンツ・タイトルがヌード・コラージュ画像であれば、画像そのものがコンテンツであると言えます。 考えようによっては、テキストはそれ程重要ではないとも考えられます。 また、60歳以上の方たちのアフィリエイト参加を推奨してます・・・理由は、動けば体は疲れますが、パソコンであれば電波は疲れません。 その意味では、老人向きですね、アフィリエイターは。

チェリスト セミヌード 美しいヌードの加工作品 美しいヌードの加工作品

サイトとはいっても、様々なサイトがあります。 ここのように画像を主体としたサイト、音楽関係であれば音を主体とするサイト、情報関係であれば、そのコンテンツの多くはテキストが主体となるかもしれません。 ただし、どのようサイトであれ、画像・写真とテキストは必須であるとは思います。 音声は必ずしも必要とはしませんね。

        <スポンサーリンク>

 

  

 ところで、コンテンツって何なんでしょう?  在りきたりで何処にでもあるような個性的でない独自性のないコンテンツであれば、その価値がないことは分かります。 情報源として、また、辞書のようにして調べ物をする際にも使うことを考えれば、情報・資料が豊かで正確であることも大切です。 私的な話題ばかりを扱い、ある特定の人たちのみで見られるようなブログなどは特定の人にとっては楽しいものであっても、(日本人ヌード・セミヌードを主なコンテンツとしているサイトからいえば)その価値はないものと思われます。 一方では、より多く閲覧されることを目的とした、あたかもコンテンツがあるように装ったサイトが多いことも問題を複雑にしてます。

秋の風景

管理人としては、下のような”一風変わった日本人ヌードモデル・アートを好みますが、何か「それなりのコンテンツ」が伝わっているでしょうか。

枯れた印象のある女性美術モデル

ここの画像を展示しているように、ヌード画を基にしたコラージュ画像を多く展示してます。 ですから、ここのサイトのコンテンツの主体はコラージュ裸婦画像です。 テキストもそれなりに入れてますが、常に画像が先にあり、テキストは後付となることが多いように思います。 美術モデルに裸婦(ヌード)でモデルを依頼することもあり、彼女らの真の姿を伝えること、また、制作者とモデルの制作現場でのコミュなどの大切さについても伝えようと思ってます。 ヌードモデルといえば、また、ヌードを描く制作者 プロフィール  は、とかく興味本位で見られがちですが、その”本当の姿”が伝われば幸です。

ヌード  Home   サイトマップ    イリュミネーション   上手な文章  メタボ  キーワード  description  画像枚数と検索順位  禁煙  検索  カフェ  夜空  タイトル    アフィリエイト  ディスプレイ  デザイン  造形美としてのヌード  自然とヌード  心理(真理)  昭和の民家とヌード