日本人 カフェで寛ぐモデル 裸婦画像

 
   心地よい雰囲気の喫茶店の写真と裸婦の編集加工写真

< カフェの空間 >

   カフェで寛ぐ日本人ヌード・寛いだ女性ヌード・プロポーション・・・なんてのは在り得ないのですが、コラージュ裸婦画像ではそのような意外性のある、ときには妄想的な画像・幻影としてのヌードも創ることができます。 タイトルの「カフェでヌード」は、カフェでヌードになった女性と言う意味ではありません。 コラージュ画像であれば、原画のクロッキーは日本人ヌードなのは当然ですが、カフェと組み合わせれば、カフェでヌード・・

カフェといえば、もともとはそれなりに個性的な店が多くあったのですが、今ではそのような個性的な経営者のセンスが出ているような店は少なくなってきました。 この写真を撮った店は、30年位前に流行った感じのインテリアを感じさせるカフェです。 最近では、大手のチェーン系のカフェが流行ってますが、一律なデザインばかりでは面白さもなくなってくるのですが・・・

        <スポンサーリンク>

 

  

美術モデル裸婦との日本人ヌードコラージュ画像ですから非現実の世界なのですが、写真右横の外から入ってくる青い光が現実感を漂わせます。 カフェの出窓で寛ぐヌードモデルの女性・・・というイメージですかね。

下の二枚はいずれも上の写真と同じカフェで撮ってます。 余裕があり贅沢で大人の雰囲気・腰を浮かせたポーズ聡明なヌード があります。 非現実的な空間ですが、決して不謹慎な画像にはなってないと思います。

カフェで裸婦モデル写真

カフェでアート写真

        <スポンサーリンク>

 

  

ここでは、三枚の画像を載せてますが、その原画となっているヌード画はすべて違う絵です。 上から、カフェの空間、秋の紅葉、古民家とのコラージュ画像です。 これら三枚の原画を見ると、ある共通していることに気付きます。 日本人ヌードモデルを右斜め前から描いていること、モデルが自身の左手を床についてポーズしていることです・真後ろから見たヒップの図成熟した女性。 このようなことが起こるのは、ヌード・モデルのポーズの癖なのか、描き手の捕らえ方の癖なのか、その両方なのか、はたまた、偶然なのか・・・面白いことですね。

燃えるような赤や黄色に染まる紅葉時の日本人ヌード写真

        <スポンサーリンク>

 

  

これは、古民家で撮った写真を背景にした日本人ヌード画像です。 バックがカフェであれば、そうなんだぁ^ということで済んでしますのですが、古民家となると怪しいイメージを醸し出すヌード画象になってしまいます。 エロティックな印象が勝ってしまうようです。 原画自体に少女っぽい印象があるからなのでしょう。

古民家と美術モデルヌード

下北沢 のカフェと桜とお正月とヌード画との日本人ヌードコラージュです。

下北 ・桜 ヌードのコラージュ作品・正月

ヌード  Home   サイトマップ    イリュミネーション   上手な文章  メタボ  キーワード  description  コンテンツ  画像枚数と検索順位  禁煙  検索  夜空  タイトル    アフィリエイト  ディスプレイ  デザイン  造形美としてのヌード  自然とヌード  心理(真理)  昭和の民家とヌード  日本画  着物  和服  コラージュ画像  京都・清水のモミジ  なぜ、裸なのか?  Sting を聴きながら  大人の女性  合成画像  模様  ヌード美人  日本人女性  女性のイメージ  アート  タブー  枯葉  芸術  自然と人間  感性と美意識