ヌード 凡庸な美意識で参加しても場違い クロッキー会場

 
   非常識に挑戦する写真

< タブー >

  アート空間でのタブーの意味は? 偏らないこと。 あってはならないこと・・という意味で「タブー」という言葉を使います。 絵として考えた場合、従来であれば(頑固な考え方からすれば)タブーになっているようなアングルでの画像です。 コラージュ裸婦画像ではありますが、(非常識なですか?)ヌードモデルがヒップをこちら側に向けてるわけですから・・・日本人ヌード。

コラージュ画像

アート空間(アートは手品ではありません)においては、ヌードをポーズする側にとっても、それを描く側にとってもアートである限りタブーといわれるようなポーズはありません。 それは、いかなる部分であろうと、人体の部分である限り、特別に区別するようなことはないからです。 また、見えてはよくないところがあるわけではないので、どのような角度からも絵を描くことに何ら抵抗はありません。  ヌードを造形美として捉えます・機能美と造形美。 本質って何ですか? ・・・興味本位な好奇心の対象とは考えません。 クロッキー会などもそうですが、日常的な空間ではありませんので、日常(常識)の入り込む余地もありません。 「アイドル画像が可愛い・・」などというような凡庸な美意識で参加しても場違いとなる空間です・・・描き手にとっても、モデルにとっても。 クロッキー会では、日本人ヌードだけでなく、海外(フランス人モデル)などもいます。

        <スポンサーリンク>

 

  

脱穀機とコラージュの裸婦画像です。 二つのものの間でまったく関係しない縁も所縁もないものを合成してます。 機械と肉体の組み合わせが面白いと考えてます。 何をどのように組み合わせることも出来ますし、コラージュ画におけるタブーというものもありません。

脱穀機とヌード芸術作品

        <スポンサーリンク>

 

  

隠れ屋のようなショップ・下北沢のカフェ・レストランの写真とヌード(美術モデル裸婦)の合成です。 

ヌードアート作品・下北沢の街

花とヌードのコラージュ、木の根とヌード、抽象絵画と日本人ヌードのコラージュ画像を載せてます。

芸術作品画像・花 木の根 ヌードアート・抽象画

ヌード  Home   サイトマップ    日本画  着物  和服  自然派  コラージュ画像  京都・清水のモミジ  なぜ、裸なのか?  Sting を聴きながら  大人の女性  合成画像  模様  ヌード美人  日本人女性  女性のイメージ  アート  枯葉  芸術  自然と人間  感性と美意識