日本人 石膏ではなく、生身のモデルを描くことの意味

 
   原形作品素材

< 造形美としてのヌード >

  スタイルが良いとか良くないとか、プロポーションがどうこうということではなく、ヌードアートを造形美として捉えていこうとする試みの中にクロッキーやデッサンがあると考えればよいと思います(ところで、外国人女性と日本人ヌードでは見え方も違ってくるとい人もいますが、人種にかかわらずヌードプロポーションを造形美としてのヌードと考えられますか?)。 だからといって、造形美として考えると言うことは、ヌードをモノとしてみるような行為を意味してません・・・神秘的な 生命のリズムとして考えます。 モノとしてみるならば、石膏デッサンをしてればよいことですが、そこをあえて人のヌードを前にして描くことですから、石膏ではない生の人(をデッサンすること)としての意味を考える必要があります。 モノと人ではなく、人と人のコミュニケーション・裸婦モデルとの対話を前提として成り立っていることです。 これは、クロッキーやデッサンをする場合だけでなく、アート全般はもちろんのこと、生きること全て・生きる意味に関ってくることと考えます。 石膏ではなく、生身の美術モデルを前にして描くことの意味。 また、自然と人間の在り方、関わり方、ヌードの世界でも自然なヌード・美しいヌード、自然光の下で描かれるヌード(自然光で裸婦を見たことは?)、自然と写真とコラージュしたヌードアート、様々な想いとこめた「夢と現実」、現代におけるヌードの価値観、アトリエでのモデルのさり気無いポーズから生まれる飾らないヌード、凛とした姿勢のよいヌード など・・を造形美としてのヌードと考えてます。

コラージュ画像

 

日常的な美意識で考えることはありません。 造形の美しさとしてのヌード(美術モデル)を考えます。 上の画像はコラージュですから、輪郭や明暗などに曖昧なところも多くありますが、全体から受ける印象としては、造形が美しく表現されているように思います。 

        <スポンサーリンク>

 

  

タイの街を撮った写真とヌードのコラージュ裸婦画像です。 昭和の時代を想わせるような日本人ヌードコラージュ作品となってます。 懐かしさを感じるようになったら、それなりの年齢なのでしょうか。 

素材としてのヌードアート

        <スポンサーリンク>

 

  

造形美としてのヌード鉛筆画を載せてます。 バックは寺と池です。

クリップアートとしてのヌード鉛筆画

門の飾り、モミジ、イリュミネーションと日本人ヌードのコラージュ作品です。

ヌード加工作品・門の飾り モミジ 裸婦画の編集作品・イリュミネーション

ヌード  Home   サイトマップ    イリュミネーション    上手な文章   メタボ   キーワード   description   コンテンツ   画像枚数と検索順位   禁煙   検索   カフェ   夜空   タイトル      アフィリエイト   ディスプレイ   デザイン   自然とヌード   心理(真理)   昭和の民家とヌード