ヌード 猪俣邸の茶室を背景にした裸婦合成画像

 
   古く懐かしい素材写真

 

< 昭和の民家とヌードモデル >

   昭和の民家の茶室と日本人ヌード・ヌードプロポーションのコラージュ(裸婦)画像です。 興味本位な好奇心を前提とするなら、現実と非現実の交錯するような世界の中にあるような画像ではあります。

コラージュ画像

小田急線・成城学園前駅から8分くらいに位置する猪俣邸の茶室を背景として使ってます・・昭和のイメージ。 ここ猪俣邸ですが、もちろん入場無料ですし、場合によってはお茶なども出るようです。 大抵は、とても空いていることです。 休日でも来場する方は少なく、ほぼ貸し切り状態です。 カメラや映像に興味のある方は、格好のモチーフかと思います。 日本の民家を撮影したい方にはとても贅沢な対象となってます。 玄関から廊下を通って束の間に、その先の茶室が見えてくるわけですが、その間の建物のつくりや窓から見える外の景色などは普段は体験できないような”贅沢”な感があります。 夫婦でも、ちょっと地味ではありますが二人連れでのデートコースとしてもオススメです。

夜景を撮るためにシャッターを開いた状態で振り回すように撮った画像を基にしてます。  

夜景をコラージュ裸婦画像

        <スポンサーリンク>

 

  

こういう画像(美術モデル・日本人ヌード・モノクロ・ヌード)をどう感じるか、どう思うかですが、人によって様々ですね。 この画像を見せながら、その人に感想を聞くことがあります。 どうしても芸術的でなければならないとか、アート感覚で見てほしいとかと思っているわけでもないのですが、その人の感想を聞けば、その人の美意識とかアートセンスがおおよそ分かりますね。 アート感覚のない感性レベルの低い人は、単に非常識な画像(ヌードへの偏見と誤解)として見えているようです。 どう見えているか?が、そのままその人の感性(美意識)レベルになっているようです。 感性と美意識レベルの判定画像としてみるとよいかもしれません。 その人の感想や反応の仕方が、そのままその人の美意識と考えてよさそうです。 上の「昭和の民家と日本人ヌード」も、判定画像として適してますかね。

        <スポンサーリンク>

 

  

夜景

コラージュ裸婦画像ですから、そもそもが非現実的な画像にはなりますが、非現実的とはいっても、昭和の民家とヌードは写真のようにも見えることもあり、真実味はあるだけに嘘を貼っているようで気が引ける部分があります。 ヌードはクロッキー画であり、背景となっている写真は実際に撮ってますから、それらを重ねると時として実際に撮った写真以上に真実味があったりします。

秋 花模様 ショップ

ヌード  Home   サイトマップ    イリュミネーション   上手な文章  メタボ  キーワード  description  コンテンツ  画像枚数と検索順位  禁煙  検索  カフェ  夜空  タイトル    アフィリエイト  ディスプレイ  デザイン  造形美としてのヌード  自然とヌード  心理(真理)