女体の造形 性的好奇心を刺激する(煽るばかり)の写真

 
   本質を考えるためのヌード素材作品

< ヌードへの偏見と誤解 >

  性的好奇心を刺激する(煽るばかり)の写真や画像の氾濫があります。 一方、人前でヌードになる・・なんて、もっての外だ!とか、考えられない、想像もできない・・とい方も多いと思います。 ここでは、ヌードアートへの偏見と誤解について考えてみます。 また、このサイトでは、ヌードになることを勧めているわけでもないのですが、ヌードになることの ”効用”を紹介してます。 記念写真としてのヌードなら?ありだと考える女性も増えているそうです。 ヌードになる効用に授かりたいのなら、本気でヌード・美術モデルとしてアート空間に参加されてはいかがでしょう。 女体の造形美を提示できるかどうか・・ヌードモデルのアルバイトも参考に ・・・当サイトでは、コラージュ裸婦画像を多く載せてますが、原画・ヌード作品集は美術モデルと向き合って描いたクロッキー画やデッサンやパステル画です。

男性ヌードは別のところで考えます。 女性がヌード・美術モデルになることについて。 子孫繁栄のためにも、自然な営みの中にも、ヌードは性的好奇心(ばかりでなくクリエイティブな好奇心については・・)の対象になってきました。 自身のヌードを(他人の)好奇心の目に晒すわけにはいかないと考えるのは当然のことと思います。 また、ヌードになるという行為を恥と考えるようになります。 っで、これらは日常という小さな世界観の中での話です。 その外側にある大きな世界観を体験してみてはどうか?という勧めです。 ヌードクロッキー会などのアート空間(自然光で裸婦を見たこと)では、この非日常的な大きな世界観に中で行われていることは想像できるのでしょうが、単に想像することと体験することは全く違うことなのだ・・ということを知ってもらいたいのです。 興味本位な好奇心だけでヌードクロッキー会やデッサン会に参加しても、たぶん面白くないと思います。 その間、二時間半という時間を考えれば、かなり退屈なことになりそうです・・・それでも、その間ただぼんやり眺めているオッサンがいたりします・・・理解し難い人は何処にでもいます。 人によっても様々でしょうが、ヌードを女体の造形美として見ようとするとき、知的好奇心で捉えるようになったとき、(ビジュアル(視覚)的に捉える目)観察力が働くとき、、、日常という小さな世界ではなく、アート感覚をもった大きな世界を体験できるようになります。

コラージュ画像

上に書いたのはあくまでもヌードを描く側の話ですが、造形美としてのヌードになる側としてはどうなのでしょう。 ヌードを見られる側として・・です。 先ず、ヌードを見るとか見られるという考え方が変なことで、アート空間においては、ヌードを見るとか見られるという意識にはないことです。 ヌードモデルは造形美としてヌードを提示しているわけで、描き手はそのポーズを美意識をもって紙の上に収めなければなりません。 描き手20人で1人のモデルを囲んで描くとすれば、20対1の格闘技のようなもので、モデル1人が20人を相手に対峙することになります。 1人で20人を相手に出来るくらい、ヌードというものは存在感があるものなのです。 その間、あちこちから鉛筆の走るガサガサという音が聴こえてきます。 そういう緊張感のなかで、(モデルは)何も身に着けない飾らない自分が受け入れられていくことを実感できることになります・・自分のヌードは美しい!。 このようにして、理屈ではなく、ヌードな自分・素な自分が受け入れられていく中で、貴重な体験をすることになります。 " 言葉 ”ではなく、実体験として ”ヌードを褒められること”になります。 その後の精神面への影響は計り知れないものがあるとのことです。 ヌードモデルを体験すると、(詰まらない?)精神的モヤモヤや葛藤はすっ飛ぶそうです・・・モデルの心理・モデルに問われること。 多くのモデル経験者は、(普通?の人でも一度は)モデルをしてみることを勧めてます。 ヌードモデルは特別な人ではありません・・・

誰でもがヌードクロッキー会へ参加する機会はもてないでしょうし、たくさんの人がいる会場などでヌードポーズをとれる機会を持てる人も少ないと思います。 より小さな世界観に住む人(考えようによっては、より理性的な人たち)ほど、その外側にある大きな世界観を知ろうとはしません。 外側の世界を想像はできるのでしょうが、自分の日常や常識が崩れてしまいそうで、外側の世界観には否定的になりがちです。 また、その世界観を恐れます。 そのように否定的であることや恐れが偏見や差別・誤解を生むものと思われます。ヌードへの偏見や誤解 モデルへのインタビューから。

        <スポンサーリンク>

 

  

精神性のある作品

ヌードモデル

本質をしっかり見ることの大切さ 女性裸婦画像ポーズ ヌードの存在感

ヌード  Home   サイトマップ    壁紙   夜空にヌード   映像   モノクロ・ヌード  ヌードを描く動機   キッカケは好奇心   生命のリズム   無機と有機 女体の造形   下北沢ガード下      サーフボード   看板   アナログ      日本の美しさ   庶民的   覗き窓   さり気無く美しい