コラージュ タトゥーや刺青に見え肌の模様

 
   純日本的な素材写真

< 絵巻物 >

ヌードを重ねたコラージュ画像ですから、このようなインパクトある”絵”になったことも偶然性とは無縁ではありません。 ヌードに和の柄を併せればこのような刺青を入れたような迫力ある画像にもなってきます。 ヌード・裸婦モデルの方にタトゥーや刺青が入っているわけではありません。 タトゥーや刺青に見えるヌード(肌の模様)です。 基本的には、シンプルであることを好みます。 色の研究に関しても同様のことがあり、カラフルに見せたいから多くの色を使うのではなく、出来ればモノトーンに近い色合いに見せたいので多くの色を使うということ。

こういう絵巻物があればアナログで欲しいのですが、デジタル画像としては存在しますが”実在”しません。 原画であるヌード画はもちろん管理人の手元にありますし、背景となっている写真も編集ソフトの中にあります。 でも、この絵巻物はヌードコラージュですから、デジタルとしてしか存在しません。 基のサイズを保存してますから、プリントアウトすればかなり大きな画像まで刷りだすことも可能ですが。

        <スポンサーリンク>

 

  

ほとんど、抽象画像のように見えます。 絵巻物のようには見えませんね。 原画・ヌード作品集となっているヌードモデル画もパステル画もどちらも管理人の作品です。 どちらも自分の作品であれば、著作権に関しては何ら心配することはないのですが、ヌードコラージュ裸婦画像の背景に使用している着物柄の模様であれば、少しは気になるところがあります。 着物柄というものは「商品」ですから、それを売っている(展示している)店内で撮影することは問題がありますが、公道といわれる店外の道等からの撮影であれば、問題はないという考え方も出来ます。 それを撮っている場所が私有地からか、公有地からか・・・ということがこの著作権・肖像権を判断する基準の一つにはなります。 ただし、どこから撮ろうが着物の柄(他人の作品)であることにはかわりはありません。

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌード・クロッキー・パステル画像

絵巻物 作品・クリップアート ヌードポーズ作品群

ヌード  Home   サイトマップ    壁の落書き   大胆なポーズ   プリミティブ    花柄   裸婦モデルの真理   描く人の真理   風情   肉体の情感   色彩のシンフォニー   下北沢    雰囲気   昭和のイメージ   絵画   デッサンの意味   フォーカス   健康な肉体   デジタル   飛行物体   ディスプレイ