女体の造形 自然の情感・エロティシズム

 
制作に必要な感性と作品群

< 生命のリズム >

   和の柄(着物  和服)とヌードのコラージュ画像であって、いい加減に組み合わせたという意味では、厳格なコンセプトや分析によって成り立っているものではなく、それでいて、日本的な装飾性を備えているということではしっかりとした作品と考えてもよさそうです。 モノクロ画像ではあっても、自然の情感・風情 肉体の情感を感じさせ、生命のリズムをどことなく漂わせる出来栄えになってます。 この場合の生命のリズムとはエロティシズムなのでしょうね。 ヌードモデル・ヌードプロポーションをクロッキーにした画像を基にしてコラージュしてます。

この画像とは全く縁もゆかりもないのだけれど、ジャック・ヴィヨンのキュビズムを思い出しました。 やたら緑の目立つ色彩の中で、自然の情感と生命のリズムを感じさせるジャック・ヴィヨンを思い出してます。 彼の絵画を好きなのは・・・決して無機的にならずに、緑色が多く使われるように、メカニックにはならず有機的なことです。 水墨画のような風景を見るような静寂さを備えながら、「内なる生命」のようなものを常に感じさせるからでしょう。 抽象画が生まれてくる道程を視覚的に理解する・納得させられてしまう・・・ことでしょうか。

        <スポンサーリンク>

 

  

絵画は、キュービズムを通して初めて創造的になったといった人がいました。 キュビズムは19世紀末に始まられたことと考えれば、100年ちょっと前のことなのでしょう。 それまでは想像的だったといいたいのでしょうか(ある一定の距離をおいて模写されたものに過ぎない・・・というように、それまでの絵画を語る人もいます)。 ここでは、静的な静物画はほとんど載せてません。 動的とはいっても、「生命のリズム」であったり、「生命の起源」を感じさせる人物ヌードを多く載せてます。 それらは、美術(裸婦)モデルを前にして描いたヌードアート作品です。

生きることの意味を考える写真作品

        <スポンサーリンク>

 

  

「生命のリズム」というよりは、「自然と人のハーモニー・色彩のシンフォニー」というタイトルが合いそうです。 もちろん、合成画像ですが、自然の写真も人物ヌードの画像のどちらにもこれといった主張がありません。 ここにあるのは、主張ではなく融合なのでしょう。 また、支配ではなく共生なのでしょう。

生命のリズムで描く

リズム感のある・コラージュ画像 ヌード生命を感じさせる合成画像 ヌードの展示

ヌード  Home   サイトマップ    壁紙   夜空にヌード   映像   モノクロ・ヌード  ヌードへの偏見と誤解   ヌードを描く動機   キッカケは好奇心   無機と有機    女体の造形   下北沢ガード下      サーフボード   看板   アナログ      日本の美しさ   庶民的   覗き窓   さり気無く美しい   市民デッサン会について  ヌード作品集   パステル作品集    ヌード描き方・技法    モデルの心理・モデルに問われること    トリミングの仕方    市民デッサン会に参加する    若い人たちの視点   デッサン会   デッサン   「モデル日記」    可愛いヌード    ヌード・裸婦画像    このヌードは私ではない   ヌードになることの勧め   鉛筆画    クロッキーの描き方  日本画   カフェ   壁の落書き    科学  和装    神秘  ヌードになれますか?  モデルと制作者のコミュ  色の研究  ヌード写真はエロですか  繊細なモノクロヌード   美術モデル   エロティック・アート     プロポーション   アニメ世代の視点   美しいヌード   コラージュ 美しいヌード 秋・紅葉のフリー写真   ピカサの使い方&ガイド   Picasa ピカサ   美術モデル モデルへのインタビュー ヌード美人 ヌード美人 コレクション