コラージュ 生命が呼吸する様、背景に潜むエロティシズム 作品

 
   エロ

< 肉体の情感 >

  背景に潜むエロティシズム「肉体の情感」・・・   「肉体の情感」ではなく「肉体への情感」とすればよいのでしょうか。 生命のリズム・色彩のシンフォニーを感じさせる絵画が好きなように、制作するアート作品も「内に宿す生命」を感じさせる作品を好みます。 ヌードモデル・ヌード美人を前にして描いたクロッキー画と和服柄とのコラージュ作品です。

日本の絵巻物・日本画のようにも見えますが、静的ではなく動的(肉体的)な、言い方をかえれば、生命が呼吸する様(さま)を思わせるような作品になっていると思います。

        <スポンサーリンク>

 

  

肉体の情感を感じさせる画像かどうか・・ということになりますが、それは、生命のリズムを感じさせるかどうか、(生きているという証の意味で)呼吸を感じさせるかどうか・・・ということが重要かもしれません。  もう少し広げて考えれば、人の匂いを感じさせる、生き物の気配がある、呼吸であれなんであれ生命を営む音が聞こえる・・ことが重要と思われます。 この「肉体・ヌードへの情感」を感じさせるものとは、「背景に潜むエロティシズム・生きる力を宿す魂」ということも出来ます。 エロティシズムを背景に感じさせないような作品とか、情感のようなある種の感覚を呼び起こさないような作品は(私にとっては)鑑賞に値する作品とは言えません。 したがって、基本的は裸婦モデルを一対一で描いたクロッキーを基にして人体と自然の融合しコラージュしたアート画像です。

花とヌード作品

        <スポンサーリンク>

 

  

湖の上に寛ぐヌード・現実感のあるヌードというところでしょうか。 これが写真であれば、このような図はありえませんが、重ね画像であれば存在しうるわけです。 相模湖での六月の梅雨時の夕方に撮影した写真を背景にしてます。

        <スポンサーリンク>

 

  

サンタクロース鉛筆画

静的なコラージュ画像 ヌード動的な合成画像 プロポーションの美しい作品

ヌード  Home   サイトマップ    壁の落書き   大胆なポーズ   プリミティブ    花柄   裸婦モデルの真理   描く人の真理   風情   絵巻物   色彩のシンフォニー   下北沢    雰囲気   昭和のイメージ   絵画   デッサンの意味   フォーカス   健康な肉体   デジタル   飛行物体   ディスプレイ