コラージュ 惜別せねばならない神話的世界観への共感

 
   色の融合・コラージュした作品

< 色彩のシンフォニー >

   シンフォニーとまではいえませんが、ポーズと色彩のハーモニーを感じさせるコラージュ裸婦画像です。 緑が主体なのは、それはたぶん緑色が最も好きなわけで、緑を基準にして色合いを考えていくという習性に近いものがあるからなのでしょう/// 色の研究.

この画像(裸婦として、ヌードモデルをかなり接近した位置で描いてます)は、何か特別なことを意図して描かれたものではありません。 「タブーへの挑戦」などというタイトルが合いそうですが、そのような考えで描いたものではなく、そこで、目の前で、モデルがこのようなポーズをとったから見えた通りに(視覚に入ったとおりに)描いただけです。 だからといって、単なる郷愁や愛着のようなものに流されるでもなく、人が成長し、生きていく過程で惜別せねばならない神話的世界観への共感(想いを演出するヌード)を素直に描いたに過ぎません。

        <スポンサーリンク>

 

  

この画像の背景は、東京都世田谷区を流れる仙川を撮ったものです。 ご覧のとおり、時期は春の桜満開の季節です。 桜自体は薄ピンク色なのですが、川岸に咲く草花の緑や(水面に映る)雲の青との対比の中で桜の花の色が映えることも納得できると思います。 ヌードの画像編集ソフトで創るコラージュであれ、単独の絵画であれ、その色合いもすべても線や面も相対的なものであり、単独では存在し得ないものでしょうね。 もちろん、色彩のシンフォニーとしても・・・

        <スポンサーリンク>

 

  

カラーの合成融合作品

トップのヌードモデルのコラージュ画像とはうって変わって、青が主体の色彩になってます。 緑であればオレンジ色が、青であれば朱色が合いそうです。 ここでは、青主体のポーズと色彩のシンフォニーがあります。

カラーで見る協奏曲

色彩豊かなコラージュ画像 アート作品としての裸婦 映像美

ヌード  Home   サイトマップ    壁の落書き   大胆なポーズ   プリミティブ    花柄   裸婦モデルの真理   描く人の真理   風情   絵巻物   肉体の情感   下北沢    雰囲気   昭和のイメージ   絵画   デッサンの意味   フォーカス   健康な肉体   デジタル   飛行物体   ディスプレイ