コラージュ 「夜の下北沢」との重ね絵

 
夜をイメージした画像

< 下北沢>

  夜の下北沢とヌードコラージュ・女性好みのショップ婦人服 小田急線沿いにある ロック・バー 前衛的なアート感覚ある アバンギャルド  メカニック好きな人なら一度は載ってみたいと思うだろう バギーの写真・・夜の下北です。 場所的には、右の写真は駅から新宿に向かって小田急線の左側に位置し、左は本多劇場へ行く方向であり、左に位置しなす。 左サイドは、下北でももっとも個性的な店が並ぶエリアです。 ショップ(レストラン)とヌード・パステル画とのコラージュとなってます。 その「夜の下北沢とヌード」の重ね絵です。 しっかり見ないと見えてこないヌードコラージュ裸婦画像です。

ここはヌードモデルを主体としたアート系サイトであることもあって、街の写真を載せることはほとんどありません。 下北沢のショップの写真です。 人通りの多い道から、ちょっと引っ込んだところにあります。 目立たないところに面白い店があるのが下北沢です・・・街の写真。 散策する楽しみがあります。 

自分の写真をとやかく評価することはヘンかもしれませんが・・・構図では撮ってないということがはっきり分かります。 色に拘って撮ってます。 写真は色で撮るのであって構図では撮らない・・・というのが管理人の個性(癖)です。 したがって、この写真をモノクロにしてしまうと、とっても詰まらない写真となってしまいます

下北沢・ショップの画像

        <スポンサーリンク>

 

  

このコラージュ裸婦画像は、井の頭線の乗降口近くにある居酒屋風の店を撮ったものです。 踏み切りの近くです。古さと斬新さが共存する面白さがありますね。 隠れ屋のようなショップがあったり アートな街としての片鱗をあちこちからうかがうことも出来ます。 また、下北沢の”客観的”な価値と位置確認をしたいと思います。 先ず、下北沢と地理的に同じような位置にあるのが、吉祥寺と自由ヶ丘と三軒茶屋です。 たぶん、一番人気は吉祥寺なのですが、それは街の規模的な条件と井の頭公園があるように環境的な条件が優位にあるからだと思われます。 これらの街の多くに共通していることは、民家と隣接している、街並みと家が融和していることです。 下北沢の不利な点は、密集した民家と隣接していることがあり、これ以上広がりようがないことかもしれません。 街が狭苦しい感じがあります。 これから一番発展していきそうなのが、三軒茶屋なのではないかと思います。 国道246と世田谷通りの合流点になっていることがあり、車の便が良いこと、下北沢同様、歴史を感じさせる古さを残していることでしょうか。 古さと斬新さが共存する街が魅力的な街といえます。

        <スポンサーリンク>

 

  

レトロな印象のある繁華街

また、住むなら自由ヶ丘が一番人気だとも言われてます。 街に隣接した高級住宅街が見えてくるからでしょう。 家から10分も歩けば洒落たカフェに来られるというイメージがあります。 家から散歩がてらに最新の流行を楽しむことも出来るというわけです。

        <スポンサーリンク>

 

  

古さは映える下北沢の駅前

下北沢を散策しながら撮った写真とヌードのコラージュ画像です。 街の画像とヌードモデルの重ね絵はなかなか難しいものです。40年以上前から下北を知ってるわけですから、懐かしく想うことも多くあることは確かなのでしょうね。

フラワーとヌードの重ね絵。。

ドライフラワー 花模様 フラワーアート作品

ヌード  Home   サイトマップ    壁の落書き   大胆なポーズ   プリミティブ    花柄   裸婦モデルの真理   描く人の真理   風情   絵巻物   肉体の情感   色彩のシンフォニー   雰囲気   昭和のイメージ   絵画   デッサンの意味   フォーカス   健康な肉体   デジタル   飛行物体   ディスプレイ