コラージュ 裸婦クロッキー 深く濃くそしてさっぱりと関る 作品

 
   芸術との関わり方

< 絵画 >

  裸婦モデルを描いた鉛筆画・絵画の間に秋の景色を挟んで展示してます。 中央の写真は油絵のようにも見えますね。 それも、最近はこのようなタッチの絵画は見かけないようになりましたね。 油よりアクリルを使用することが増えてきていると思います。 油で溶くよりも水で溶くことが出来るのが使い勝手のよいところなのでしょうか。  色々な意味で、”濃い”印象のあるアート・絵画は少なくなっているように感じます。 時代背景がそうさせてるのでしょうか。 良くも悪くも、動物的なギラギラした感性・ 潜在意識は敬遠されているようです。 だからといって、浅く薄く関っていては大したものにはなりようもありません。 深く濃くそしてさっぱりと関ることなのですかね。 

 裸婦ではありませんがパステル絵画 男と女のいる空間。 ヌードだけでなく 静物画 卓上の静物  卓上のコラージュ  オレンジ色の屋根 など、風景画や静物画も展示してます。 

 人物を扱ったものでは、 母と二人の子供  キュービズムを思わせる 女性の造形  ピカソ的な感じ・・ 男の肖像   顔・パステル画  少女をイメージした window  男の顔 誠実な顔  象徴主義的な作品 女性の肖像画  これらの作品の中でも作者が最もお気に入りのな 遠い記憶の中で。  色彩豊かな 婦人の絵  公家の イメージ・平安時代  記憶が描かさせてるのでしょう・・・ 少年の時 家族の絵、夏の絵にも見えますが 秋の風景 抽象化した自画像。  実際に女性を見て描いてませんが、 女性をイメージする   感覚的に理解する人人との コミュニケーション   原初的な 静かな叫び  孤独ではなく、無責任さがありありの 独りであること  ちょっと変な絵ですかね、 首を傾げる人  など、かなり多くのソフトパステル画・オイルパステル(クレヨン)画があります。 ヌードコラージュ作品のほかにも原画となる鉛筆画、パステル画を載せてます。

ヌードモデル・裸婦像の正面図なのですが、見る方にはどのように見えているでしょう。 管理人の特徴としては・・・顔を入れないヌード絵画が多いように思います。 もちろん、手足なども入ってきませんが。

        <スポンサーリンク>

 

  

京都の寺とヌードのコラージュ。

ヌードフォト・背景は京都の寺

        <スポンサーリンク>

 

  

雷が落ちてきそうな印象がありますね。 裸婦モデルを描いた絵画。 比較的さっぱり系の絵画ですかね。

雷が落ちてきそうなヌードモデルフォト

女性モデルをモチーフにしたコラージュ写真 花をテーマにした合成画像 裸婦像のアート作品

        <スポンサーリンク>

 

  

ヌード <Top>  壁の落書き   大胆なポーズ   プリミティブ    花柄   裸婦モデルの真理   描く人の真理   風情   絵巻物   肉体の情感   色彩のシンフォニー   下北沢    雰囲気   昭和のイメージ   デッサンの意味   フォーカス   健康な肉体   デジタル   飛行物体   ディスプレイ