女体の造形 モデルの姿

 
絵の地肌・マチュエールが日本的である作品

< さり気無く美しい >

  ヌード女体の造形・・・鉛筆画と古民家の画像を並べて展示「さり気無く美しい・繊細なモノクロヌード」とは、こういうことなんだ・・と思わせるようなヌードモデルの後ろ姿です。 日本的な文化にはままあることですが、押し付けがましくない、さり気無く美しいということがあります。 変な意味での自己主張がない鉛筆画と古民間のコラージュ画像でしょうか。 実際にこの画像のヌードモデルをされる方も同様なイメージがある女性です。 外に向かって訴えようとするのではなく、内に向かって問いかけるような、そんな印象があります・・・アート感覚で鑑賞 すること。 「さり気無く、美しい」ヌード・女体の造形とはそういう意味なのでしょう。

絵の地肌・マチュエールが日本的である作品

基のヌードアート画はデッサンがしっかりされていることもあり、立体的な画像ですが、こうしてコラージュ(人体と自然の融合 )にすればどちらかといえば平面的な絵になってしまいます、そんなことも起こってきます。 それでも、美しければどのようなことが起ころうとも、その美しさ自体で十分なことではあります。

        <スポンサーリンク>

 

  

下の二枚の画像は、いずれも自然とヌードモデルを描いたヌード画とのコラージュであり、それも秋の自然(女子学生 を撮った写真も) という一年の中でももっともその美しさが映える時期の自然とのコラージュです。 「さり気無く美しい」というタイトルにはそぐわないヌード・女体の造形になってますね。

        <スポンサーリンク>

 

  

秋の夜景・森の風景をバックにした画像

秋の朱や黄色の葉を地色にしたパステル画

豪華絢爛な写真 ドイツで撮った画像とヌードの合成画像 水と港をあしらったアート的なコラージュ画像とサムネイル写真

ヌード  Home   サイトマップ    壁紙   夜空にヌード   映像   モノクロ・ヌード  ヌードへの偏見と誤解   ヌードを描く動機   キッカケは好奇心   生命のリズム   無機と有機 女体の造形   下北沢ガード下      サーフボード   看板   アナログ      日本の美しさ   庶民的   覗き窓