アート 美術モデルの美しさが伝わるアート作品

 
   着物柄をバックに配した裸婦写真

< 振袖 >

 和装・振袖の柄をモチーフにした造形美としてのヌード とのコラージュです。 枯葉 や自然とヌード など、自然を背景にしたヌードコラージュ作品が多い中で、着物 柄や    和服 の模様を背景写真として利用してます。 また、ちょっとマニアックになりますが昭和の民家とヌード も面白いです。 コラージュというより、イメージ画象とも言えます。 振袖といえば、華やかな柄ばかりを浮かべますが、この画像のように黒くシックな柄もあります。 日本人女性 の美術モデルの美しさが伝わるアート コラージュ画像 になっていると思います。 まぐれ当たりを考えれば、創作とは異次元の体験のできることもコラージュならではです。神秘  想像力・イマジネーション 生きる力を宿す魂 究極の美としてのヌードなど・・・

下に載せている画像は、上の振袖とのコラージュ画像・ヌードプロポーションとは対照的に、西洋の柄・模様である包み物のリボン、花束とヌードのコラージュです。

        <スポンサーリンク>

 

  

リボンとはいっても、クリスマスの飾りではないかと思います。 こういう、モノクロのヌード画と色の濃い画像との部分的な重ね絵に見えるような画像、振袖の柄ではありませんが、興味深いものがあります。

ゴールドとグリーンと白黒写真

        <スポンサーリンク>

 

  

この画像は、コラージュ作品の中でもかなり”成功”した作品になります。 熱帯魚を飼っている水槽を覗いているようでもあり、絵画的で幻想的な感じさえします。 ”成功”としたのも、コラージュはそもそもがあてずっぽぅであり、上手くいけば結果オーライとも言えますし、出来上がった作品に意外性を求めれば(コンセプトはなしにして)数多く創ってみることを優先します。 数多く作った中から、出来のよいのを選べばよいわけです。 デジタル写真と同様に数多く撮っておいて、それらの中からどの画像を選ぶか?が大切というか、センスを問われるわけですね。 ヌードの図は考えなくとも、このような振袖柄はどうなのでしょうね、けっこういいんじゃないかと思いますが。

万華鏡を覗き込むような写真

1900年ごろの西洋のアート空間 100年前のヨーロッパの室内空間と女体像 アールヌーボー時代のロシアで見かける壁絵とヌードの透かし絵

ヌード Home   和装  マインドのあるアート  ベートーベン  創造の不思議  仕事  来世  私の好きな人たち  ベルギー  外観にも夢空間  髪型  反応の仕方  イメージ画像  サイト  スクーター  版画  貴婦人    記憶 モラル