アート 通俗的なアートからスピリチュアルなアート

 
   線描きした抽象画と日本の柄とのコラージュ写真

< マインドのあるアート >

  スピリチュアルなアート・生きる力を宿す魂 という言い方があるなら、マインドのある温か味のあるアート・情感のある絵 という言い方があってもよさそうですね。 この画象に関しては、裸婦とはいえ、ベージュ色で落ち着いた感じがあります。 部屋の壁紙・壁の落書きなんかに合っているかも知れません。 ・・・・ ヌードモデル・美術モデル・ヌード・裸婦画像をイメージした抽象画です。

スピリットは精神という意味でしょうから、精神性のあるアートいうことになります。 通俗的なアート(?)との差別化から、このような言い方をするのだろうと思います。 また、精神性といえば、お呪いのような感じがしないでもありません、超・・・的な。 ところで、マインドとは気持ちという意味でしょうか、心があるという意味では温かみを感じる言い方ですね。

        <スポンサーリンク>

 

  

夕日とヌードの重ね絵ですが、温かみ(マインド)を感じる画像なので載せてます。 美術・ヌードモデル・ポーズ・ヌード作品集

ヌード鉛筆画と夕日の絵

トップの(マインドのある美術モデルのポーズ)アート画像と原画の抽象画は同じ作品を使用してます。 トップの画像が抽象画主体であるなら、こちらはヌード画主体であるとも言えます。 二枚の画像を重ねるとき、人の視覚で感じることなのでしょうが、二枚の画像のうちどちらの印象(インパクト)が勝るか!?ということなのでしょう。 重ねる際に、勝ち負けの様相がつく場合と、重ねてみないことには分からない場合があります。 また、予想を反して逆転することもあります。 

        <スポンサーリンク>

 

  

和服柄の画像・壁の落書きのように見える絵

世紀末絵画とアール・デコ 建築物の壁画と女体のコントラスト 西洋的な壁画に見る女体

ヌード Home   和装  振袖  ベートーベン  創造の不思議  仕事  来世  私の好きな人たち  ベルギー  外観にも夢空間  髪型  反応の仕方  イメージ画像  サイト  スクーター  版画  貴婦人    記憶 モラル