アート アールヌーボーといわれる時代の建築物

 
   西洋の風景をバックに凛としたポーズをとるヌードモデル写真

< 建築様式 >

   アールヌーボーと建築様式とヌードの合成画像。 アールヌーボーと言われる時代に建てられた建築物とヌードのコラージュ(ヌードのコラージュ技法)です。 1900年代の建築物です。 地震国でないこととか他に様々な理由があるのでしょうが、このような100年前の作品?が残っていることが素晴らしいことです。

ここのサイトでは、基本的にはすべてのページでヌードモデル画を展示してます。 また、色々な好きな写真とヌード画とのコラージュにもなってます。 このコラージュすることに関してですが・・・建物であれば、寺・寺院や教会などではなく、アート感覚を前面に出した建築物(建築様式)が重ね画像としては使いやすいです。 寺や寺院などの宗教的な建物は厳格な印象があってヌードとは相性が良くないようです。 建築物であっても、(グレー主体で飾り気のないような)現代的なビルといわれる建物は上手くいきません。 無機物的な印象のあるものはコラージュ画像としては適してません。 たとえ人工的なものであっても、人の精神や哲学や美意識を強く感じさせるものが(ヌードとは)相性が良いですね。 展示する場合は、画像のグリッドのとり方 や色合いなどを工夫したいですね。 

        <スポンサーリンク>

 

  

夜景と(美術モデルを実際に前にして描いた)ヌードアートがです。 少しぼやけてますね。 この建築様式に面白みがあります。 重ね画像であれば、相当いい加減な写真(または、クロッキー画)であっても、ごまかしは効きそうですがそうは行きません。 描写のぬるい(あまい)クロッキー画では出来上がったコラージュも説得力のある画像にはなりません。

        <スポンサーリンク>

 

  

ビルのそびえる夜景とヌードモデルの重ね絵

店のディスプレイとのコラージュです。 

ディスプレイと女体合成写真

東欧世界で見られた壁画とヌード 合成写真の醍醐味・裸婦の美 アールヌーボー時代をバックに女体美

ヌード  Home   サイトマップ     ギュスターヴ・モロー  本棚  科学  装飾品  ロシア  物語  ドイツ  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  品性  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること  フィギュアスケート