アート フランス的って? モローの絵画はセミヌード 作品

 
   1900年代を思わせるヌード・私的夢空間

< ギュスターヴ・モロー >

 この画像はギュスターヴ・モローのアート絵画ではありません。 アールヌーボーといわれる時代の建築物とヌードモデル・美術モデルを描いた画像との重ね絵です。 「サロメ」の背景になっている図を想いおこさせるのですが・・・この画像のタイトルは「私的夢空間」としたいですね、とっても贅沢な空間です。

フランス的ってどんなんだろう?と考えたことはありますか? フランス的であることがイメージしにくいのは、フランスがヨーロッパ大陸の中央に位置しその外側(ドイツ・オランダ・オーストリア・ルクセンブルク・イタリア・スペイン)からの出入りが多いことによります。 生粋のフランス人画家って案外少なくて、ギュスターヴ・モローはそんな少ない中の1人なのです。 ロートレックやマティスもいますね。 象徴主義(象徴的概念)に分類される人で、その弟子にはマティスやルオーがいます。 「君たちにとって、私は橋のようなものだ・・・」と言っていたようです。 指導者としても優れていたのでしょうね、ギュスターヴ・モローは。 ちなみに、モローの絵画にはセミヌード・ヌードなアート(ヌードモデルを描いたものかどうかは分かりませんが)が出てくるようです。

        <スポンサーリンク>

 

  

夜空と花火を思わせる造形美

自然な空間の中でも、エロティックな印象のある写真

20世紀初めの絵画 女性の太ももの写るエロティックな部屋 和の模様と乙女の裸

ヌード  Home   サイトマップ     建築様式  本棚  科学  装飾品  ロシア  物語  ドイツ  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  品性  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること  フィギュアスケート