アート アールヌーボー 家具や建築物の美しさ

 
   光の作るモニュメント

< 装飾品 >

  アールヌーボーといわれる建築物の美しさばかりが目立って、肝心なヌードモデル画像がほとんど見えません(アートはフランス語であり、英語のアートです)。 幻のごとくぼんやりとヌードが見えているだけですね。 建物としては、壁はもちろんのこと、金属で作られた本棚 の模様にその時代(1900年前後)の特徴を見ることが出来ます。 この1900年前後は時代の大きな変革期になってます。 それまでの神の存在が絶大であった時代から相対的な価値観が生まれたこと(相対性理論)、貴族や領主・聖職者に権力が集中していた時代から(経済活動にかかわった)資本家といわれるものが世界(政治)を動かすようになったこと、アールヌーボーに代表されるような家具や装飾品・建築物などを一般庶民までが手に入れることが出来るようになったことです。 社会的な意味においての自由や権利だけでなく、文化的な意味においても民主化が一段と進んだ時代です。 この時代の装飾品には勢いと力強さがあります。 ガレという天才の出現によって、装飾品の”地位”が単なる飾りからアートにまで高められたとも言われます。・・・知性派 ヌードモデルをモチーフにして。

また、美術・装飾品にとっては良いことばかりでなく、大量生産による模造品が大量に出回ったことから、自らの価値も同時に落としてしまった・・こともあります。 下に載せてる画像は、この時代に代表される建築物とヌード(美術モデル裸婦画像)の重ね画像・ヌードのコラージュ技法です。 装飾的であることがとても美しいと認められる建築物です。

        <スポンサーリンク>

 

  

精神性のある女体の造形・モノクロ絵画

ユーフォーにも見える天井に写る女性

和風柄と反り返る女性モデル 着物生地と顔 振袖柄と少女のように見るヌード

ヌード  Home   サイトマップ     建築様式  ギュスターヴ・モロー  本棚  科学  ロシア  物語  ドイツ  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  品性  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること  フィギュアスケート