アート 生活のリズムが整う 悩んだりしない世界

 
   室内空間でのほとんど認識できない女性写真

< 仕事 >

 本来それ程楽しくなかったり、本質的には面白くないことを仕事にしている人は多いと思います・・・人を楽しませること。 一日の三分の一の時間を仕事に拘束されるわけですが、その拘束される時間内は悩んだり難しいことを考える必要がないことがとても都合の良いことにもなります。 仕事をしてれば無意味な時間は過ごしてない^と無条件に自他共に納得できることです。 上の画像では、室内空間でのヌードコラージュ作品です。 ヌード画は、ヌードモデル・美術モデル「モデル日記」に依頼したポーズ・ヌードな世界を基にしてます。

コラージュ画像

生きる意味・・・自営業であれば、お客さんが来てしまいますから、時間が来れば店を開けなければならないということが起こってきますが、年に一回か二回の個展をするだけのアーティストであれば、時間に縛られることがありません。 何時に起きなければならないということもありません。 自由業であれば時間に縛られることは少ない。 これは一見楽そうに思いますが、生活リズムはでたらめになり、健康を害することもあります。 自己管理・プロフィール することがとても難しいことに気付きます。 勤め人であれば、出勤時間は決まってますから、生活リズムや生活パターンを考えずにすみます。 望んだことであろうがなかろうが、一日の内の八時間を仕事に縛られていることは、考えようによってはとても楽なことなのです。 その間、余計なことは考えないですみますし、周囲からも仕事をする人として敬意の念を抱かれることになります。

        <スポンサーリンク>

 

  

オレンジ色や黄色の花ばかりが目立ちます。 ヌード・クロッキー画は見えるでしょうか。

花屋さんの室内空間・パステル調の飾り物

合成画像・・・森の緑・自然と人間ばかりで、ヌードはほとんど見えないと思います。

        <スポンサーリンク>

 

  

女体のラインがほとんど確認できない・森の空間

日本人ヌードモデル 日本の柄とヌード ヌードポーズ、究極の光景

ヌード Home   和装  振袖  マインドのあるアート  ベートーベン  創造の不思議  来世  私の好きな人たち  ベルギー  外観にも夢空間  髪型  反応の仕方  イメージ画像  サイト  スクーター  版画  貴婦人    記憶 モラル