アート 実用的な無駄のない機能美に似た美しさ

 
   青が覆う光のシルエット

< ドイツ >

  機能美とドイツ的なこと・・・実用的な無駄のない機能美に似た美しさがあります。 よく見ないと見落としてしまいますが、ヌードを重ねてます。 ヌードモデルの後姿・後姿の女性の肌と陰影 です・・・錯覚と思い込み。 ここは1910年に建てられたドイツにある工場です。 建物は100年前のアールヌーボーを彷彿させるものがありますが、車・スクーターは現代のものであり、人物は時代には関係ない人体ヌードアートです。 これらの組み合わせが、意外性という面白さを生みます。 ドイツというお国柄なのでしょうね、フォクスワーゲンに代表されるような機能美は車だけでなく建築物にまで見ることが出来ます。 ・・・ここに展示する全ての裸婦画・貴婦人は、美術モデルの美しいポーズの賜物です・・・女子学生

コラージュ画像

それと、アートとは関係ないのですが、ドイツの年間輸出総額が2010年に中国に抜かれたという記事を読みました。 えっ!?って感じでしたね。 輸出総額が最も多いのは日本かアメリカではないかと思っていたからです。 調べてみたら、上位五カ国は順に中国、ドイツ、アメリカ、日本、オランダということです。 オランダが意外感がありますが、オランダの港を経由して貿易が行われるからというのがその理由らしいです・・・横浜赤レンガ倉庫。 とはいえ、フィリップスという家電メーカーはたぶん世界一の規模を誇りますが、このフィリップスはオランダのメーカーですからね。

        <スポンサーリンク>

 

  

雪柳の図と人物画

昭和の民家で見る女性の背後からの写真

和装小物と裸婦画像 煌びやかなボディー写真 顔の見えないポーズ

ヌード  Home   サイトマップ     建築様式  ギュスターヴ・モロー  本棚  科学  装飾品  ロシア  物語  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  品性  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること  フィギュアスケート  【車の選び方】