イメージ 作品に関るアーティストのモラルと才能

 
   非常識なが丸見えの絵画フォトグラフィー

< モラル >

アーティストのモラルと才能について、ヌードイメージ制作にあたって・・・人に関しては、特に男性に関しては、大昔から動物的で野蛮であることは分かってますし、それゆえ野蛮さを押さえ込むための理性を養うために教育やマナーというものがあります。  ヌードモデル・美術モデル画像を迎えてのヌード・クロッキー会・デッサン会などで公の場で開催されるような場合には、多少マナーの悪い人はいてもそれ程の問題は起きません。 ところが、プライベートなアートな空間で開催される小規模なところである場合、あるいは、一対一の場合などには様々な問題が出てきますし、女性側にとってのリスクも考えられます。 主催者のモラルであったり、また個人のモラルが問われることになります。 また、ヌードを前提とするとき、モラルを品性に置き換えることも出来ます。 アーティストではなく、モデルの安全性   モデルの資質と才能について。

コラージュ画像

あえて、断定的に言ってしまえば、モラルもあって才能もある人(アーティスト)、モラルはあっても才能がない人、モラルはないが才能はある人、モラルも才能もない人の四種類に分けることが出来ます。理想を言えば、「モラルもあって才能もある人」がよいのでしょうが、これはかなり少なくなります。「モラルはあっても才能がない人」は無害なのでよいのですが、「モラルはないが才能はある人」ってのがけっこう多くて、これは困ったものです。「モラルも才能もない人」じゃ論外になりますね。 アーティストは概して熱くなりやすい人が多くて、それで理性も吹っ飛んじゃうんでしょうね。 ヌードになることが、ヌード・美術モデルにとっては無防備な状況となるわけですし、男性にとっては押さえの効かないこよにもなりかねないということですね。 アーティストのモラルと才能の間には相関関係はないということでしょう。

        <スポンサーリンク>

 

  

人物絵画・赤の光景

ヌード・クロッキー・空間に浮かぶ造形

昭和の民家コラージュ写真 民家と庭園の合成フォト 新宿の街・小田急線のコラージュ画像

ヌード Home   和装  振袖  マインドのあるアート  ベートーベン  創造の不思議  仕事  来世  私の好きな人たち  ベルギー  外観にも夢空間  髪型  反応の仕方  イメージ画像  サイト  スクーター  版画  貴婦人    記憶