イメージ モデルを前に、タブーはなくともマナーはある

 
   自然なポーズと美しいプロポーション

< 品性 >

 厭らしく、かつ品性のある制作者・・・ 先ず書いておきたいのは、ヌードモデルを描いたり、こうしてヌードイメージ画を貼るサイトを作るような人の品性はどうか?ということですが・・・「厭らしく、そのうえ品性もない人」とお考えになる方もいると思いますが、その考えは改めて下さい。 「厭らしく、かつ品性のある人・ プロフィール 」と認識を改めて下さい。 厭らしくあることと品性のあることは、相容れないことではなく、しばしば共存していることでもあります。 また、ヌードモデルを前にするとき、タブーはなくともマナーはあると考えてください・・・偏見とタブー・変な好奇心  ポーズにタブーは・・?   様々な趣味・趣向。 アートの世界では、ヌードモデルと美術モデルをおぼ同じ意味で使います。

コラージュ画像

ヌード画を描くことの難しさは、そのままその人の女性観や性癖までをも絵の中に出来てしまう・・ということです。 上手くなればなるほど、ねっとり非常識な絵になっていく人もいます。 それはそれでその人の勝手なのですが、ヌードに限らずまた絵に限らず、表現することはそのままその人の品性が出てきてしまうことでもあります。 絵を鑑賞する人たちは、そのへんのことに関してシビアな方も多いのです、アートの本質とは関係なくとも・・・見えたとおりの絵とヌードイメージの制作。

        <スポンサーリンク>

 

  

日本の柄・コンテで描くクロッキー

和風・デッサン

世紀末の模様とコラージュ画像 世紀末の柄の合成フォト マーチン000の写真

ヌード  Home   サイトマップ     建築様式  ギュスターヴ・モロー  本棚  科学  装飾品  ロシア  物語  ドイツ  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること  フィギュアスケート