イメージ 感性で滑る荒川静香の世界観 主体性の大切さ

 
   花模様をあしらった合成加工したヌードフォト

< フィギュアスケート >

   感性で滑る荒川静香のフィギュアスケート・・・ 人が何かに興味を持つようになるにはキッカケというものがあって、このフィギュアスケートにはトリノオリンピックで荒川静香の滑りを見てから、いっきにファンになってしまったというわけです。 バンクーバーでの色々な選手の滑りを見ていても、もうひとつピンと来ないのはなぜなのだろうと考えてみました。 荒川静香のスケーティングには感性と美意識という意味での主体性があることに気がつきます。 どの選手にもコーチや振り付けをする人は付いているのでしょうが、彼女の場合は自分を映す鏡としてコーチや振り付けしの助言を仰いでいるだけで、あくまでも主体は彼女自身の感性にあるのであって、彼女自身が描く美の世界観の中で組み立ててスケーティングしているということなのでしょう。 私的夢空間を描いているのでしょうか。 男性スケーターにも勝るスピード感溢れるスケーティングはもちろんのこと、特に感性において抜きん出ているんでしょうね。 滑りの優雅さにおいて、当分の間、他の追随を許さないでしょう・・・ここでも、主体性の大切さを物語ります。 画像は、秋の紅葉と日本人女性ヌードイメージです。 

上の画像は、フィギュアスケートのリンクを思わせるので、載せてみました。 下の二枚は、飾り物とヌードイメージの重ね画像です。 飾り物とはいっても、この場合は古民家の土間とその当時の様々な道具を撮った写真です。

        <スポンサーリンク>

 

  

古民家のフォトを背景とした凛と立つヌードモデルフォト

フラワーショップで撮った写真とヌードイメージです。

花の飾りをイメージしたヌード裸婦画像

自然とヌードのコラージュ画像 ヌードと秋のフォト さり気無くポーズするヌードモデル

ヌード  Home   サイトマップ     建築様式  ギュスターヴ・モロー  本棚  科学  装飾品  ロシア  物語  ドイツ  変身  偏らないこと  居間  願望  ヒストグラム  生きる意味  私的夢空間  品性  写真の編集加工  和のイメージ  人を楽しませること